サン・エリージョ・マッジョーレ教会

マーカーはサン・エリージョ・マッジョーレ教会です。

サン・エリージョ・マッジョーレ教会(イタリア語:Sant’Eligio Maggiore、英語:Sant’Eligio Maggiore
[サン・エリージョ・マッジョーレ教会は、ナポリアンジュー時代に建てられた宗教的な建物で、市の歴史的中心部、メルカート広場に近い場所にあります。
街で最も古いアンジュー時代のゴシック様式の教会の建設は、1270 年にさかのぼります。
カンポ・モリチーノ(Campo Moricino)と呼ばれる地域に建てられました。この場所は、わずか数年前にコラディーノ・ディ・スヴェヴィア(Corradino di Svevia)がナポリの支配者カルロ1世 (シチリア王)の配下である 3 人のフランスの騎士によって斬首された場所の近くであり、最初は聖人エリジオ(Eligio di Noyon)、ディオニジ(San Dionigi)、マルティーノ(Martino di Tours)に捧げられていました。
教会の両側には病院があり、最初はジョヴァンナ1世 (ナポリ女王)、後にジョヴァンナ2世 (ナポリ女王)アルフォンソ5世 (アラゴン王)の下で、複合施設全体が王室の保護と特権を享受しました。
16世紀前半、スペインの総督ドン・ペドロ・デ・トレド(Pedro Álvarez de Toledo y Zúñiga)は、処女のための音楽院と呼ばれる女子寄宿学校を設立し、そこで少女たちは隣接する病院で看護の教育を受けました。16世紀の終わりに、寄宿学校と病院の慈善活動に公的銀行の活動が加わりました。
1770 年から 1780 年にかけて、エンジニアのバルトロメオ・ヴェッキオーネ(Bartolomeo Vecchione)とイグナツィオ・ディ・ナルド(Ignazio di Nardo)によって教会として復元されました。ディ・ナルドは、メルカート広場の新古典主義のファサードを設計しました。
教会への最初の介入は、ジュリアーノ・ダ・マイアーノのデザインに基づいてニッコロ・ディ・トマソ・ダ・スキラーチェ(Niccolò di Tommaso da Squillace)が天井を再建したこの時期にさかのぼります。
1505年にジョヴァンニ・フランチェスコ・ドナディオ(Giovanni Francesco Mormando)とジョヴァンニ・マッティア(Giovanni Mattia)によって建てられたオルガンの配置。1531年にジョヴァン・パオロ・デ・ルポ(Giovan Paolo de Lupo)とジョヴァンニ・アントニオ・エンデセネル(Giovanni Antonio Endecenel)の絵画でサンタンジェロに捧げられた礼拝堂の建設が始まりました。1836 年、建築家オラジオ・アンジェリーニ(Orazio Angelini)が 15 世紀の見事な天井を修復しました。
記念碑的な複合施設は、1943 年 3 月 4 日の爆撃によって攻撃を受け、部分的に損傷を受けました。数十年後、修復によって教会は当初のゴシック様式に戻り、何世紀にもわたって貼り付けられていた漆喰が取り除かれました。
メルカート広場から見た教会外観・wikipedia-photo、メルカート広場側からのアーチ型の通路と時計・wikipedia-photo、大聖堂のアーチと門・wikipedia-photo、カウンターファサードに向かうインテリア・wikipedia-photo、アプス方向のインテリア・wikipedia-photo、クロスボールト・wikipedia-photoフランチェスコ・ソリメーナ作「聖マウルスと聖母子」・wikipedia-photo]

Arco di Sant’Eligio – Google Map 画像リンク」、「Sant’Eligio Maggiore – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がサン・エリージョ・マッジョーレ教会です。

サン・エリージョ・マッジョーレ教会のストリートビューです。