スフォルツァ城

マーカーはスフォルツァ城です。

[Google アートプロジェクト] – 「スフォルツァ城

スフォルツァ城
[スフォルツェスコ城またはスフォルツァ城は、イタリアミラノにある城塞。現在は美術館としても公開されている。1450年にミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァヴィスコンティ家の居城を改築した城塞。その後、16世紀から17世紀にかけて改装・増築され、ヨーロッパでも有数の規模の城塞となった。1796年この地を征服したナポレオンによって一部の施設が破壊されたが、1891年から1905年にかけて、建築家ルカ・ベルトラミらによって修復された。
もともとは星型の形状の広大な城郭であったが、現存しているのは元々の面積の1/4程度以下であり、残りの敷地は公園や道路となっている。現在、スフォルツェスコ城の内部は市立博物館(スフォルツェスコ城博物館;Pinacoteca del Castello Sforzesco)となっている。
内部にはミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」などが展示されている。また、アッセの間の天井と壁には、レオナルド・ダ・ヴィンチが未完成の壁画を残しているが、後年、塗りつぶされている。この壁画については、2013年現在修復作業が続けられている。
城内の博物館
●スフォルツェスコ城 古代美術館(Museo D’arte Antica
●スフォルツェスコ城 絵画館(Pinacoteca del Castello Sforzesco
●ミラノ古代エジプト博物館(Museo Egizio di Milano
●ミラノ装飾芸術美術館(Civiche Raccolte d’Arte Applicata di Milano
●アンティーク家具・木彫博物館(Museo dei mobili e delle sculture lignee
●スフォルツェスコ城 楽器博物館(Civico Museo degli Strumenti Musicali
スフォルツェスコ城・wikipedia-photo  (wikipedia・スフォルツァ城より)]

スフォルツァ城ホームページ
スフォルツァ城平面図


12 – イタリア・絵に描ける珠玉の町・村 ・ そしてもろもろ!

スフォルツェスコ城 – Google Map 画像リンク」、「Filarete Tower – Google Map 画像リンク」、「Spanish Ospital – Google Map 画像リンク」、「Rondanini Pietà Museum – Google Map 画像リンク」、「Museo d’Arte Antica – Google Map 画像リンク」、「Museum of Decorative Arts – Google Map 画像リンク」、「Castellana Tower – Google Map 画像リンク」、「スフォルツェスコ城 楽器博物館 – Google Map 画像リンク」、「Ducal Court – Google Map 画像リンク」、「古代エジプト博物館 – Google Map 画像リンク」、「Sforzesco Castle Art Library – Google Map 画像リンク」、「Sforzinda – Google Map 画像リンク

カメラ位置はカステッロ広場で、カメラ北北西方向がスフォルツァ城フィレーテの塔です。

カメラ北西方向がスフォルツァ城フィレーテの塔で、カメラ南東方向がカステッロ広場です。

カメラ位置はスフォルツァ城アルミの中庭です。

カメラ位置はスフォルツァ城アルミの中庭で、カメラ北西方向がジョーヴィア門(Porta Giovia)で、門左の塔はボーナ・ディ・サヴォイア塔(Torre di Bona di Savoia)です。

カメラ位置はジョーヴィア門(Porta Giovia)のミラノ公宮廷内庭側で、カメラ東北東方向右ドア先に博物館チケット売り場があります。

博物館内のカメラで、カメラ北東方向にチケット売り場があります。チケット売り場先は古代美術館になります。

絵画館のストリートビューです。

カナレット作、左『Ther Pier towards the rive degli Schiavoni with the column of Saint』(1742年)、右『The Pier towards the Zecca with the column of Saint Theodore』(1742年以前)

ジャン=マルク・ナティエ(Jean-Marc Nattier)作『Portrait of Barbara Luigia d’Adda, bride of Antonio Barbiano di Belgiojoso』(1747年)

左-Carlo Maria Giudici作『Glory of San Francesco da Paola』(1760年)、 右-カルロ・インノチェント・カルローネ(Carlo Carlone)作『Glorification of the Duke Ludovico Eberardo del Württemberg』(1730-1733年)

セバスティアーノ・リッチ(Sebastiano Ricci)作『The Temptation of Saint Anthony』(1694-1696年)

ジャコモ・チェルティ作『糸つむぎの女と籠を背負った農民(Spinner and farmer with a basket)』(1730-1733年)

ダニエレ・クレスピ(Daniele Crespi)作『Adoration of the Shepherds』(1623-1625年)

ジョヴァンニ・ベッリーニ作『Portrait of the poet Raffaele Zovenzoni』(1467年)

カメラ初期設定方向-ティツィアーノ・ヴェチェッリオ作『Portrait of the Ambassador Gabriel de Luetz d’Aramont』(1541-1542年)、カメラ左方向-ティントレット作『Portrait of Procurator Jacopo Soranzo』(1550-1551年)

ロンダニーニのピエタ美術館のストリートビューです。

ミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」

古代エジプト博物館ないのカメラです。

カメラ北西方向がバルコ門(Porta del Barco)、この門抜けるとミラノで一番大きなセンピオーネ公園(https://goo.gl/maps/ZkpeqAqBeU82)です。カメラ北東方向がミラノ公宮廷内庭で、カメラ南東方向・アーチ門先がラコルタの中庭(Cortile della Raccolta・https://goo.gl/maps/fwwuVhWt1hx)でスフォルツァ城のオリジナルの区域になります。

ミラノ公宮廷内庭の北東方向からのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*