ポルディ・ペッツォーリ美術館

マーカーはポルディ・ペッツォーリ美術館です。

ポルディ・ペッツォーリ美術館

[Google アートプロジェクト] – 「ポルディ・ペッツォーリ美術館

[ポルディ・ペッツォーリ美術館 (Museo Poldi Pezzoli) は、イタリアミラノにある美術館である。
ミラノの貴族であった美術収集家ポルディ・ペッツォーリ(Gian Giacomo Poldi Pezzoli)の私邸を美術館として公開している。建物はポルディ・ペッツォーリが亡くなった1879年に、コレクションとともにミラノ市に寄贈された。
「ポルディ・ペッツォーリ美術館」・wikipedia-photo
コレクション
絵画、ガラス工芸、陶磁器、日時計、刺繍作品、家具などを展示している。ピエロ・デル・ポッライオーロの『若い貴婦人の肖像』やサンドロ・ボッティチェッリの『聖母』は有名。
ピエロ・デル・ポッライオーロ作『若い貴婦人の肖像(Portrait of a Girl)』・wikipedia-photoLamentation over the Dead Christ with Saints, サンドロ・ボッティチェッリ・wikipedia-photo  (wikipedia・ポルディ・ペッツォーリ美術館より)]

[ポルディ・ペッツォーリ美術館はジャコモ・ポルディ・ペッツオーリが1881年に開館した私立の美術館。個人のコレクションでこれだけ名品を集めているところはめったにありません。今回、ボッティチェッリの「書物の聖母」をみて、ボッティチェリはすこし分かった気になりました。ポライウオーロやマンテーニャなどの絵もあります。とてもよい美術館です。  (「ボッティチェリが分かった気になったポルディ・ペッツォーリ美術館 (ミラノ ..」より)]

ポルディ・ペッツォーリ美術館ホームページ

ポルディ・ペッツォーリ美術館:ミラノの隠れた名所、貴族の館に集められた数々の美術品

ポルディ・ペッツォーリ美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がポルディ・ペッツォーリ美術館です。

ポルディ・ペッツォーリ美術館エントランスのストリートビューです。

ロレンツェ・バルトリーニ(Lorenzo Bartolini)作『神への信頼(Trust in God)』(制作1833年 – 1836年)

ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ(イル・サッソフェッラート)作『聖セシリア』(1635 – 1650年)

ピエロ・デル・ポッライオーロ作『若い貴婦人の肖像(Portrait of a Girl)』(制作1470年)

サンドロ・ボッティチェッリ作『書籍の聖母(The Madonna of the Book)』(制作 1480-1481年)

ベルナルディーノ・ルイーニ作『聖カタリナの神秘的な結婚(The Mystical Marriage of Saint Catherine)』(1520年頃)

チェーザレ・ダ・セスト (Cesare da Sesto)作『子羊と聖母子(The Virgin and Child with a Lamb)』(1515年頃)

カメラ初期設定方向左-サンドロ・ボッティチェッリ作『The Lamentation over the Dead Christ』(制作 1499 – 1500年)、中央-コズメ・トゥーラ作『The Muse Terpsichore』(1460年」)、右- ジョヴァンニ・ベッリーニ作『Imago Pietatis』(1457年)。右壁中央-ジョヴァンニ・バッティスタ・モローニ(Giovanni Battista Moroni)作『黒の騎士(The Knight in Black)』(1567年)

パルマ・イル・ヴェッキオ作『礼拝者として知られている女性の肖像(Portrait of a Woman know as The Courtesan)』(1520年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*