ミラノ王宮

マーカーはミラノ王宮です。

ミラノ王宮(英語:Royal Palace of Milan)
[中世の政治執行本部であった王宮はミラノの中心、ドゥオーモの脇にあります。宮廷生活の舞台であった王宮にはかって、1594年にジュセッペ・メーダの建設したミラノで一番古い劇場が置かれており、オーストリアの女帝が訪れた後、「マルゲリータの大広間」という新しい名前をつけられました。この建物はこの時代のミラノの最上級のアーティストにより内部を華やかに装飾されており、その作品により歴代の王や皇帝たちの栄光を讃えていました。18世紀後半、オーストリア支配下のもと、この王宮はピエルマリーニによりネオクラシック様式に修復の手が加えられ、この修復工事のさなかに劇場は大火事のために全壊してしまいました。その代わりに当王宮の主要階に創られたのが有名なカリアティディの間です。アンドレア・アッピアーニの作品による寓意的な絵画に囲まれているこの間は再度、半壊しますが、忍耐強い修復活動のおかげで、やがて再興されます。1920年に王宮はイタリア政府の所有建造物となります。1943年の爆撃で崩壊されてから70年以上たちますが、入念な修復作業のおかげで、王宮は第一級の大展覧会の会場として市民生活における主要な役割を再びとりもどしています。  (「ミラノの主要建築物」より)]
 
[18世紀後半にピエルマリーニによって設計された王宮のファサード・wikipedia-photo、ドゥオーモの屋上から見た王宮前の広場・wikipedia-photo、新古典主義の大階段・wikipedia-photo、マリアテレジアの肖像画(アントン・フォン・マロン作)・wikipedia-photo、「1943年8月15日に火災で破壊される前、1875年10月17日に開催されたヴィルヘルム1世_(ドイツ皇帝)の戴冠祝う式典の様子画」・wikipedia-photo、1875年の皇帝の部屋・wikipedia-photo]

ミラノ王宮平面図(「Milano | Zona Duomo – Ma Palazzo Reale cos’è? – Urbanfile」より)

王宮 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がミラノ王宮です。

ミラノ王宮入口回廊のカメラです。

ミラノ王宮エントランスホールのカメラです。

ミラノ王宮大階段のカメラです。(王宮の新古典主義の大階段)

ミラノ王宮展示ルームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*