エルヴァス共和国広場

マーカーはエルヴァス共和国広場です。

エルヴァス共和国広場
[共和国広場は、ポルトガルのポルタレグレ地区(Distrito de Portalegre)にあるエルヴァス市にあり、この街の歴史的中心部にある主要な広場です。
1511 年に始まった広場の開設工事は、ポルトガル王マヌエル 1 世(在位:1495年 – 1521年)の治世中に村が都市に昇格した際に推進された大規模な改良の一環として実施されました。新しい広場を作る計画は古く、カントス・ダ・カレイラ(Cantos da Carreira)にある広場である旧市街中心部は村に「ふさわしくない」と述べた1477年の市議会文書に遡る。
1517 年から、ノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサオン教会が広場に建設されました。当時は「プラサ ノヴァ(Praça Nova・新しい広場))」と呼ばれていました。フランシスコ・デ・アルーダ(Francisco de Arruda)によって当時流行していたマヌエル様式で設計されました。この教会の建設は 16 世紀を通じて続き、大聖堂のランクに昇格し、教区が解散する 1882 年までエルヴァス大聖堂として機能しました。1538 年、新しい市庁舎は、イスラム時代(アンダルス)から壁の隣に建てられた広場の建物に移転(現在の市庁舎は広場北西にあります。)されました。したがって、プラサ ノヴァは見本市や闘牛が開催される場所であることに加えて、エルヴァスの宗教と行政の中心地でもありました。
1886 年に「プリンス D. カルロス広場(Praça do Príncipe D. Carlos)」と改名され、1910 年には「共和国広場(Praça da República)」になりました。現在では、この街を訪れる観光客にとって必見の場所となっています。
2007 年以来、共和国広場には、エルヴァス市が管理する 3 階建てで約 300 台収容できる地下駐車場も併設されています。エルヴァス市、エルヴァス財務局、市の主要観光局、ノボバンコ(Novobanco)エルヴァス支店、アクエルヴァス(エルヴァス市の水を管理する会社)、ポルトガル青少年協会(Instituto Português da Juventude)もこの広場にある。
夏の夜には、大きなテラスがあるレプブリカ広場が人気です。
夏には、エルヴァス中世フェスティバル、イベリア ブック フェア、サマー ナイツ フェスティバル、国際民俗フェスティバルなどの多くのイベントもこの広場で開催されます。
共和国広場にある旧エルヴァス大聖堂。現在はノッサ セニョーラ ダ アスンサン教会と呼ばれています・wikipedia-photo  (wikipedia・pt.Praça da República (Elvas)より)]

Praça da República, Elvas – Google Map 画像リンク

ノッサ セニョーラ ダ アスンサン教会前から見たエルヴァス共和国広場

エルヴァス共和国広場北西方向からのカメラです。