旧教会

マーカーは旧教会です。

旧教会(Oude Kerk, Amsterdam)
[カリヨンが響く市内で最古の教会として知られていす。ユトレヒト大司教が船乗りの加護のために建造したアムステルダムの旧市街でも最も古くからある地区に立つ由緒ある教会です。壮麗なパイプオルガンステンドグラスなど見応えがあります。  (オランダ政府観光局ホームページより)]

[アムステル川が IJ に流れ込んだ場所では、川は粘土の土手、つまり城壁を投げ上げるのに使用されていました。 13 世紀に、最初の居住者は墓地としても機能するマウンドに礼拝堂を建てました。 その後数世紀の間に、この教会はアムステルダムで最も印象的なモニュメントの 1 つに成長しました。
聖ニコラスが古い教会になる
1306 年 9 月 17 日、ユトレヒトの司教は教会を聖ニコラスに捧げました。 これにより、この船員の守護聖人の名前が付けられました。 約 100 年後、アムステルダム市民の数が増えたため、新しい教会がダム広場に建てられました。新教会( De Nieuwe Kerk ) す。 したがって、Sint-Nicolaaskerk は一般に旧教会と呼ばれていました。
何世紀にもわたって、建物は拡張され、1552 年には、まだステンドグラスの窓が置かれている聖母礼拝堂が建てられました。
カトリックからプロテスタントへ
旧教会の内部は、カトリック教会からプロテスタント教会への急進的で革命的な変化を反映しています。これにより、旧教会はオランダとヨーロッパで最も重要なモニュメントの 1 つになっています。イコノクラスムとその後の変化の間、彫像は破壊され、祭壇は取り除かれ、壁画は塗りつぶされ、儀式用の銀は盗まれたり溶けたりしました。聖歌隊のスクリーンは、この歴史的な出来事を目の当たりにしています。「神の教会に徐々に持ち込まれた虐待は、70 年と 8 年に再びここで終わりました」と書かれています。教会は説教を続け、ミサは過去のものとなりました。今日まで、旧教会は日曜日の朝のプロテスタントの礼拝に使用されています。
1951 年に、教会の建物はプロテスタント教会によって旧教会財団に移されました。旧教会は現在、礼拝所と博物館として機能しており、さまざまな文化、興味、バックグラウンドを持つ人々の出会いの場です。
この建物は、オランダの記念碑および考古学局と文化遺産庁の監督下にあります。複数年のメンテナンス計画と時折の修復により、旧教会は将来の世代のために私たちの組織によって確実に保存されます。  (「旧教会ホームページ」より)]

アムステルダム旧教会平面図

旧教会ホームページ

カメラ北方向が旧教会です。

旧教会入口のカメラです。

旧教会北側のカメラです。

旧教会拝側のカメラで、カメラ反転するとオルガンがあります。

旧教会身側のカメラです。

旧教会袖廊・内陣前のカメラです。

旧教会内陣のカメラです。

旧教会北側廊の拝廊側のカメラです。

旧教会北側廊の内陣側のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*