オルヴィエートのサン・ジョヴェナーレ教会

マーカーはオルヴィエートのサン・ジョヴェナーレ教会です。

オルヴィエートのサン・ジョヴェナーレ教会(イタリア語:Chiesa di San Giovenale (Orvieto)、英語:San Giovenale, Orvieto)
[サンジョヴェナーレ教会はオルヴィエートの中世地区にあります。歴史的中心部の西端に位置し、パーリア川渓谷を見渡せます。最大の見どころは、15 世紀の「マドンナ デル ソッコルソ」です。
サン ジョヴェナーレ教会は、ヴォルシニア通りの中腹、凝灰岩の岩の最高点に立っています。この教会は 1004 年に設立されたと考えられています。一部の歴史家は、この場所にはかつてエトルリアの神殿があり、後に教会に改築されたと考えています。
サン ジョヴェナーレは近くの都市ナルニの初代司教で、おそらく 4 世紀に生きていました。
聖人の肖像は、14 世紀にゴシック様式に改修され拡張された教会の通用口の上にあるルネットの中に見ることができます。その過程で、元の半円形の後陣は現在の正方形のものに置き換えられました。
ファサードは非常に厳粛な造りです。入り口の門は、半円形のアーチとロマネスク様式の前室が特徴です。バラ窓は凝灰岩に彫られています。教会の正面にある塔は要塞のような印象を与えます。
3つの身廊からなる教会の内部も非常に地味な雰囲気。1171 年に建造された大理石の祭壇は圧巻です。13 世紀から 15 世紀にかけてのフレスコ画がいくつかあり、その多くは修復されており、今でも見ることができます。
正面玄関の左側のファサードの内側には、「楽園」を描いたフレスコ画があります。この作品にはユダヤ人の影響が見られ、ペルージャ出身の未知の芸術家によって描かれました。そのテーマは永遠の命です。
右身廊のフレスコ画は主に聖母に捧げられており、12 世紀に描かれました。左側の柱の絵は「主の受胎告知」を描いており、おそらくアンドレア ディ ジョバンニ(Andrea di Giovanni)によって描かれたものと考えられます。
サン ジョヴェナーレ教会で最も有名な芸術作品は、15 世紀に描かれた「マドンナ デル ソッコルソ」です。この作品は 16 世紀にゲッツィ家によって教会に寄贈されましたが、発見されたのは 20 世紀になってからです。金色の背景は、おそらくビザンティンイコンのコピーであることを示しています。  (「オルヴィエートのサン ジョヴェナーレ教会」より)]

Church of Saint Juvenal(Chiesa di San Giovenale) – Google Map 画像リンク

サン・ジョヴェナーレ教会ファサードのストリートビューです。

サン・ジョヴェナーレ教会拝廊のストリートビューで、カメラを反転したカウンター ファサード右に「楽園」を描いたフレスコ画があります。

サン・ジョヴェナーレ教会身廊のストリートビューです。

サン・ジョヴェナーレ教会内陣のストリートビューで、内陣壁中央に「マドンナ デル ソッコルソ」が掲げられています。