カピターノ宮(Palazzo del Capitano)

マーカーはキャプテンズ宮(Palazzo del Capitano)です。

カピターノ宮(Palazzo del Capitano)
[モンテプルチャーノのカピターノ宮(Palazzo del Capitano)には非常に古い起源があり、現在の調査ではまだ完全にはわかっていません。 しかし、それは少なくとも1200年までさかのぼるというのが一般的な意見です。
カピターノ宮殿と同じ名前の「Capitano」は、多くの人が「国民のキャプテン」の記憶として理解しています。中世後期の治安判事の姿であり、少なくとも15世紀からフィレンツェ共和国から派遣された市の裁判官である「正義のキャプテン」の記憶を指すこともできます。
18 世紀後半、宮殿は大規模な改修工事を受け、現在の外観になったと考えられます。改修工事の作業の範囲を言うのは難しく、グランデ広場を見下ろす建物の側面にある1階に通じる非常に大きなトラバーチン階段と高い塔の解体につながったのは確かです。
現在の 2 階の工事ですが、他の 2 つの階の典型的なゴシック様式の構造とは大きく異なり、ランセット窓(Lancet window)の代わりにリッチ通りを見下ろす窓が特徴で、現在のグランデ広場のファサードも以前のものである可能性があります。そして現在の目論見書によると、グランデ広場は、宮殿よりも早い時期に建造されたようです。
現在まで、カピターノ宮 (リッチ側経由) の 1 階の最近の修復プロジェクトにより、建物の 14 世紀の類型と空間性が復元され、特に魅力的な環境が生まれました。
地上階( 0 階)のグランデ広場側には、Strada del Vino Nobile e dei Sapori della Valdichiana Senese の本部があり、1 階にはいくつかの市役所と大会議室があります。 建物の最上階には、さらに大きな別の部屋があります。  (「Palazzo del Capitano – Comune di Montepulciano」より)]

カピターノ宮(Palazzo del Capitano)前のカメラです。