コミュニティ広場

マーカーはコミュニティ広場です。

コミュニティ広場(Plaza de La Comunidad)
[コミュニティ広場(Plaza de La Comunidad)の名前は、正面玄関を開ける邸宅に由来しています。建築の複雑さに訪れる人を驚かせる優美なコーナーで、人気があります。それは、『家々が織り交ぜることによって生み出される一連のボリュームを生成します。家々は、あたかも植物の葉か、半分開いた扇風機のように、光を求めて窓から身を乗り出します。』とアンドレス・モレノ (Andrés Moreno・1976) が言ったように、この人気のある別名リンコン・デル・アバニコ(Rincón del Abanico)の命名は誰がつけたのでしょうか。
しかし、最も重要なのはアルバラシン共同体の家です。1351 年から1856 年までは、おそらくそれ以前からではあったものの、この地域の「集会所」として機能していました。 その切石扉、軒、バーとギャラリーの鍛造品に焦点を当てます。現在の外観は 1533 年に遡ります。この日に拡張と改善が決定されました。また、バー (小さな広場ではなく、通りの上にあります) を示す様式化されたコウノトリの装飾は、この日に属していると考えられます。
1998年から1999年の修復では、この家を原始的な素晴らしさに復元する試みが行われ、最も注目に値する発見は、チャペル兼サロンの可能性のある壁を飾っていた壁画でした。その中には、正面に共同体の盾があり、聖母が冠をかぶって座っており、幼子を腕と足元に抱き、両側の木々や動物が見えます。他に宗教的な人物、動物、植物は、16 世紀の民間絵画および宗教絵画の優れた例として会議室を飾っています。
錬鉄製のバルコニーのあるホールには、3 つの鍵が入ったキャビネットチェストがまだ保存されており、このコミュニティのアーカイブと貴重品が保管されていたと考えられます。屋外のバルコニーには、幾何学模様のズグラッフィート装飾、日時計、17 世紀の碑文が飾られています。  (「Ciudad de Albarracín」より)]

カメラ位置はコミュニティ広場で、広場左がアルバラシン共同体の家です。