サンアントニオ・アバーテ教会

マーカーはサンアントニオ・アバーテ教会です。

サンアントニオ・アバーテ教会
[サンアントニオ・アバーテ教会は、モンタルチーノにあるカトリックの礼拝所です。
1448年にすでに言及され、18 世紀のファサードが際立っています。内部も 18 世紀に再建されました (1712 年に 2 つの副祭壇、主祭壇と格間天井)。クワイヤには、修道院長の聖アンソニーの死を描いたピエトロ・ソッリ(Pietro Sorri)の絵があります(1602)。右の壁には、十字架につけられたキリストが聖母と聖人ジョン・ザ・エバンジェリスト、アンソニー・ザ・アボット、聖なる司教(16世紀後半)と一緒に描かれた絵があり、リッチョ(Bartolomeo Neroni)のスタイルに近い。身廊の壁とカウンター ファサードに沿って化粧しっくいのフレームが配置されています。その中には、18世紀前半のシエナ派のキャンバスに描かれた油絵と十字架があります。  (「https://it.wikipedia.org/wiki/Chiesa_di_Sant%27Antonio_Abate_(Montalcino)」より)]

サンアントニオ・アバーテ教会ファサードのカメラです。