サンタ・キァーラ修道院

マーカーはサンタ・キァーラ修道院です。

サンタ・キァーラ修道院(イタリア語:Basilica di Santa Chiara、英語:Basilica di Santa Chiara)
[サンタ・キァーラ修道院は、聖フランチェスコの精神に従った女性キァーラ(クララ)のグループが建てた女子修道院で、1257年に完成した。キァーラは、アッシジの貴族の娘であったが、フランチェスコの教えに賛同してこの世の財産を全てを放棄し、1212年に清貧の精神を生きる女性たちのグループをつくった。これが女子修道会クララ会の始まりである。大聖堂は彼女の死後、13世紀中に建築された。修道院地下にはキァーラの遺骸を収めた部屋がある。ピンクと白の縞模様を特徴としている。  (wikipedia・アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群#サン・フランチェスコ聖堂より)]

[アッシジのサンタキアラ大聖堂は、1253 年に亡くなった聖キアラの遺体が聖ダミアーノによってここに運ばれたとき、すでに存在していました。もともと聖フランシスコ自身もここに埋葬されていましたが、後に聖フランシスコの名を冠した大聖堂に移されました。彼に話しかけたと言われる十字架は、今でもサンタ キアーラ大聖堂で見ることができます。最も顕著な特徴は、左側の壁を支える 3 つの巨大なアーチによって形成されています。
サンタキアラ大聖堂は、スペリオーレ大聖堂に似たゴシック様式の教会で、幅広の柱と美しいバラ窓のある 2 色 (白とピンク) のファサードが特徴です。十字型の平面図を持つ単一の身廊で構成されています。
この教会はフィリッポ ダ カンペッロという修道士によって設計され、1257 年に完成しました。
教会は 1997 年の地震で甚大な被害を受け、全体を訪問することはできませんが、中会堂には聖人の生涯を描いた数多くのフレスコ画がまだ残っています。
聖フランシスコに宛てた十字架は、左側の十字架礼拝堂にあります。
同じ礼拝堂には、カソックと聖フランシスコ聖司祭所、カソックとサンタ キアラの髪の束が入った小さな箱など、いくつかの遺物があります。聖人は身廊の下にある地下室に埋葬されています。  (「Santa Chiara Basilica Assisi, Gothic church with talking cross.」より)]

サンタ・キアラ聖堂 Basilica di Santa Chiara – Google Map 画像リンク

サンタ・キァーラ聖堂正面ファサードのカメラです。

サンタ・キァーラ聖堂左側の壁を支える 3 つの巨大なアーチのある北東ファサードのカメラです。

サンタ・キァーラ聖堂内のカメラです。