サンタ・マリア・アスンタ(聖母被昇天)大聖堂

マーカーはモンテプルチャーノ(聖母被昇天大聖堂)大聖堂です。

サンタ・マリア・アスンタ(聖母被昇天大聖堂)大聖堂
[サンタ・マリア・アスンタ大聖堂は、シエナ県モンテプルチャーノにあるカトリック礼拝の主要な場所であり、モンテプルチャーノ・キウージ・ピエンツァ教区(Diocesi di Montepulciano-Chiusi-Pienza)に属しています。
1586 年から 1680 年にかけてオルヴィエートIppolito Scalza の設計により建設されたこの大聖堂は、1000 年頃に城壁の外にある古代の教会(サンビアージョ教会(chiesa di San Biagio)が今日ある場所)から派生した再生の権利を取得したサンタ・マリアの古代教区教会の代わりに建設されました。この教会は、1712 年 6 月 19 日にモンテプルチャーノの司教フランチェスコ・マリア・アリギ(Francesco Maria Arrighi)によって厳粛に奉献されました。
古代の教区教会の唯一現存する建造物は、15 世紀の第 3 四半期にセッティニャーノのイアコモ(Iacomo)とチェッコ・ディ・メオ(Checco di Meo)によって建てられたトラバーチンとレンガ ブロックの巨大な鐘楼です。細長い鐘楼の方立付きの窓で示される先端部分は、完成することはありませんでした。目立つファサードも未完成ですが、側面はレンガの上張りとトラバーチンの切石で仕上げられており、その間に丸いアーチが挿入されたトスカーナの付柱によって活気づけられています。
内部は、明らかにフィレンツェの祖先の建築的なテクスチャーは、石の切石の壁の表面と交互になっている漆喰の表面の鋭さにより、質素でエレガントです。平面は、丸いアーチを支える巨大な柱によって 3 つの身廊に分割されたラテン十字です。 中央身廊、袖廊アプスのスカセラ(Scarsella (architettura))では、盛り上がったエンタブラチュア筒型ヴォールトを支えています。 2 つの直交するボディの交点で、角度のある穹隅が、ドームが設置された丸屋根の円筒壁体を支えます。通路は交差ヴォールトで覆われています。 壁には、各スパンに対応して、筒型ヴォールト型の礼拝堂があります。小さなイオニア式の柱で支えられた説教壇は、右側の柱にもたれかかっています。
マドンナ・ディ・サン・マルティーノ礼拝堂
6 番目のチャペルはマドンナ・ディ・サン・マルティーノ(Madonna di S. Martino)に捧げられています。これは、大聖堂の建設中に 1617 年にここに運ばれた壁画です。伝説によれば、礼拝堂のラテン語の碑文にも言及されているように、聖母とイエスと洗礼者聖ヨハネの子供たちを表すフレスコ画が、サン マルティーノの地元の病院にありました (このため、聖母は「サン マルティーノの」と呼ばれていました)。 )。物語は、この画像の前で、ある男がハンドボールをしていて、負けたことに怒って聖母の額を木槌で殴り、今日でも目に見える打撲傷を負わせたと言っています。この事実は奇跡的であると考えられ、自治体は聖像を大聖堂に運ぶ許可を司教から得ました。 このフレスコ画の作者は、ドメニコ・ベッカフーミか、 16 世紀初頭のシエナ人アーティストによるものとされています。
聖母被昇天大聖堂外観・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo、タッデオ ディ バルトロ(Taddeo di Bartolo)による被昇天の三連祭壇画( 1401 )・wikipedia-photo、アンドレア デッラ ロッビア(Andrea della Robbia)によるユリの祭壇(1512年頃)・wikipedia-photo  (「https://it.wikipedia.org/wiki/Duomo_di_Montepulciano」より)]

聖母被昇天大聖堂 – Google Map 画像リンク

聖母被昇天大聖堂ファサード

聖母被昇天大聖堂拝廊のカメラです。

聖母被昇天大聖堂身廊のカメラです。

聖母被昇天大聖堂祭壇前のカメラです。