サントアントニオの門

マーカーはサントアントニオの門です。

サントアントニオの門
[サント アントニオの門を通過すると、町の西側から出て、前方に分岐する古い道に沿って、サン・ペドロ・デ・ヴィル・ア・コルチャ礼拝堂に向かうか、レルバ (Relva・分村) に向かうことができます。その反対側の端には聖霊の門があります。どちらの地点も、要塞が建設される前の 18 世紀の第 3 四半期に、都市集積の境界を明確に示していました。門は、いくつかの射撃スリットを統合した真っ直ぐなまぐさ石のあるドアで、その上には最近盗まれた王室の武器が置かれ、欄干はなく、角張った対処石が付いていました。奥には警備室があり、ドアの後に建てられており、その基部は射撃スリットの1つを覆っています。これらの門は、現在では孤立していますが、初めて町を強化するために建設された、いわゆる「リッペ伯爵の壁」の一部でした。  (「Portas de Santo António – Aldeias Históricas de Portugal」より)]

サントアントニオの門前のカメラです。

サントアントニオの門内のカメラです。