サント・スピリト教会

マーカーはサント・スピリト教会です。

サント・スピリト教会(イタリア語:Chiesa di Santo Spirito (Siena) )
[シエナのサント・スピリト教会は、サント・スピリト広場にあります。
14 世紀に設立され、最初はシルベストリン ベネディクト会( Congregazione silvestrina )の修道士、次にヴァッロンブロサン ベネディクト会( Congregazione vallombrosana )の修道士が所有していました。15 世紀中頃にドミニコ会の修道士に渡され、1498 年から 1530 年の間にほぼ完全に再建され、現在の形になりました。1848年に修道院は抑圧され、刑務所に変わりましたが、シエナ教区によって教会に戻されました。
教会の外観はテラコッタで、切妻造りファサードは、バルダッサーレ・ペルッツィ作とされる 1519 年の美しいルネサンス様式の門で装飾されています。ルネッサンス様式の内部には身廊が 1 つあり、そこから両側に 4 つの礼拝堂が横方向に開いています。袖廊はわずかに突き出していますが、アプスのある深いクワイヤがあります。ドームにはドラムがあり、ジャコモ・コッツァレッリ( Giacomo Cozzarelli ・ 1508 ) によるものです。(※ドラム (drum) とは、 建築において、ドームを持ち上げる直立部分である。 これは一般に、円柱か角柱の形をしている。 (「ソロベイト (Tholobate)」より) )
内部には数多くの芸術作品があります。特に重要なのは、右側の最初の礼拝堂であるスペインの礼拝堂で、ソドマによる1530年のフレスコ画です。たとえば、サン・ヤコポ・ディ・コンポステーラ( San Jacopo di Compostela )がムーア人を打ち負かしています(wikipedia-photo)。同じ礼拝堂には、アンドレア・デッラ・ロッビア(1504 年) によるテラコッタで描かれた珍しいキリスト降誕のシーンがあります。右側の 2 番目の礼拝堂には、ジャコモ・コッツァレッリ作の聖ビセンテ・フェレールの木像が飾られています。3 番目の礼拝堂には、現在シエナ国立美術館に移されているドメニコ・ベッカフーミによる聖母戴冠式がありました。今日、十字架の前に祝福されたベルナルド・トロメイ( Bernardo Tolomei ) がいるデイフェボ・ブルバリーニ( Deifebo Burbarini )の17世紀のキャンバスがあります。
左側の最初の礼拝堂には、ジャコモ・パッキャロッティ( Giacomo Pacchiarotti ・ 1509 ) に起因する聖フランシスコとシエーナのキャサリンの間の被昇天があり、2 番目の礼拝堂には、おそらくコッツァレッリ( Cozzarelli )によるシエーナの聖カタリナの木像があります。3 番目のチャペルでは、ジローラモ・デル・パッキア( Girolamo del Pacchia ・ 1512 年) によるマリアの戴冠式( wikipedia-photo )の両側に、16 世紀初頭のマグダラのマリアと聖ジェロームを描いた 2 つのテラコッタ像があり、ジャコモ・コッツァレッリ作とされています。同じ礼拝堂には、ルカ・ディ・トムメ( Luca di Tommè ・ 14 世紀後半) が描いた十字架( wikipedia-photo )があります。
右側の袖廊には、フランチェスコ・ヴァンニ( Francesco Vanni ・ 1596 年以前) による聖ヒヤシンスの奇跡を描いた祭壇画( wikipedia-photo )があり、異母兄弟のベンチュラ・サリンベニ( Ventura Salimbeni )が生き生きとしたフレスコ画( wikipedia-photo )に囲まれています。左の袖廊には、アストルフォ・ペトラッツィ( Astolfo Petrazzi )による 17 世紀の祭壇画とマドンナと聖人がいます。
古代の回廊から得られた聖具室には、フラ・パオリーノ・ダ・ピストイア( Fra Paolino da Pistoia )による 1516 年の美しいフレスコ画があります。
サント・スピリト教会・wikipedia-photo、聖霊教会の内部・wikipedia-photo
ウィキメディア コモンズには、サント・スピリト教会に関連する画像やその他のファイルがあります。]

Church of The Holy Spirit – Google Map 画像リンク

サント・スピリト教会前のカメラです。