サンパブロ修道院(現・パラドール デ クエンカ)

マーカーはサンパブロ修道院(現・パラドール デ クエンカ)です。

サンパブロ修道院(現・パラドール デ クエンカ(Parador de Cuenca))
[サン パブロ修道院は、スペインの都市クエンカにある建物です。かつてはドミニコ会の修道院であったこの修道院は、都市部の郊外、ホス デル ウエカル(Hoz del Huécar)の岬、川底のかなり高いところ、吊り下げ住宅(Casas Colgadas)の前に建っているため、素晴らしい自然の美しい場所にあります。
教会の建築家はフアン デ アルヴィス(Juan de Alviz)とペドロ デ アルヴィス(Juan de Alviz)兄弟で、その建築はゴシック様式の構造とルネッサンス様式の装飾という 16 世紀初頭の典型的なアプローチに対応しています。 通称「ポールズ(Paules)」として知られています。
1993 年以来、修道院は国民のホステル(parador nacional)として機能しています。
サン・パブロ修道院は、オズ・デル・ウエカル川を進むかのように船首に建てられた教会で構成されています。その右側には回廊があり、修道院に収容されているさまざまな修道会のニーズに応じて、本体に付属して成長してきた別の一連の建物があります。教会と回廊は 16 世紀のもので、残りの建物は後の時代のものです。建物はオズ デル ウェカル(hoz del Huécar)の狭窄(きょうさく)部または岬 (一般に「ホシーノ(Hocino)」として知られる類型) の上に建っています。
創設者であるクエンカの司祭フアン・デル・ポソ(Juan del Pozo)は、修道院教会のトランセプトの中央に白い石の浅浮き彫りで埋葬されました。墓は後にトランセプトの中央から取り外され、教会の右側の壁に取り付けられました。
サンパブロ修道院外観・wikipedsia-photo、サンパブロ修道院とサンパブロ橋wikipedsia-photo、「教会正面。 ホセ・マルティン・デ・アルデウエラ(José Martín de Aldehuela)の作品(1757年)」・wikipedsia-photo、ドミニコ会修道院の古い回廊 (16 世紀)・wikipedsia-photo  (wikipedia・Convento de San Pablo (Cuenca)より)]

Antiguo Convento de San Pablo – Google Map 画像リンク

サンパブロ修道院北北西方向上空からの鳥瞰カメラで、カメラ初期設定方向下にサンパブロ修道院、そこの右にサンパブロ橋が見えます。

サンパブロ橋から見たサンパブロ修道院。

カメラ北西方向がサンパブロ修道院教会ファサードです。

カメラ東方向がサンパブロ修道院(パラドール デ クエンカ(Parador de Cuenca))入口です。

サンパブロ修道院(パラドール デ クエンカ(Parador de Cuenca))回廊のカメラです。