サン・ファンの礼拝堂

マーカーはサン・ファンの礼拝堂です。

サン・ファンの礼拝堂
[18 世紀に建てられ、屋外のアトリウムがありましたが、現在は壁で囲まれています。
身廊は 1 つで、2 つのセクションは多角形の内陣とカウンターファサードの高位に聖歌隊席を備えたルネット付きの半樽型ヴォールトで覆われています。
外側には、大きな迫石と盾形紋章を備えた半円形のアーチを備えた世俗的特徴があります。ファサードには鉄細工が施されたさまざまな窓があり、身廊の上には鐘楼があり、鴨居のあるアクセスと小さなオクルスがありの目隠しされたアトリウムがあります。
バロック様式新古典主義様式の内装の壁画装飾が保存されています。
構造は、隅にロデノ(ródeno)切石を備えた漆喰石積みで作られています。  (「Ermita de San Juan – Albarracín」より)]

Ermita de San Juan – Google Map 画像リンク

サン・ファンの礼拝堂前のカメラです。