サン・フランチェスコ修道院

マーカーはサン・フランチェスコ修道院です。

サン・フランチェスコ修道院
[サン フランチェスコ修道院は、シエナ県モンテプルチャーノの歴史的中心部にあります。
13 世紀に始まり、17 世紀にフランシスコ会によって拡張されました。現在の袖廊を含む元の教会への入り口は、今でも識別可能です。外壁はレンガ造りで、トラバーチンとトゥファ石の切石が挿入されています。アプスのスカセラ(Scarsella (architettura))には、中央に大きなバッファ付きのゴシック・アーチがあります。
左側には鐘楼が立っています。 右側には、ゴシック様式の門、正面玄関、説教壇の遺跡があります。
内部は身廊のあるラテン十字です。 アプスのスカセラの両側には、1500 年代後半のスタッコフレスコ画で飾られた 2 つの礼拝堂があります。礼拝堂には、聖母子、そして 14 世紀のシエナ学派の聖人が描かれたフレスコ画があります。
現在、教会は礼拝に使用されていません。
1290年頃、バルトロメオ・プッチ=フランチェスキ(Bartolomeo Pucci-Franceschi)は、1880年に同等の列聖(Equivalent canonization)により列福され、この修道院のフランシスコ修道会の間で修道生活を受け入れました。 彼の遺物は、1930 年にサンタゴスティーノ教会に移されるまで修道院教会で崇拝されていました。
サン・フランチェスコ修道院ファサード・wikipedia-photo  (「https://it.wikipedia.org/wiki/Convento_di_San_Francesco_(Montepulciano)」より)]

Orfanotrofio Antoniano – Google Map 画像リンク

サン・フランチェスコ修道院元の教会への入り口のカメラです。