サン・フランチェスコ大聖堂

マーカーはサン・フランチェスコ大聖堂です。

サン・フランチェスコ大聖堂(イタリア語:Basilica di San Francesco、英語:Basilica of Saint Francis of Assisi
[サン・フランチェスコ大聖堂(Basilica di San Francesco)は、アッシジに生まれ、死後に聖人に列せられたアッシジのフランチェスコの功績をたたえるために建設されたといわれている。1228年に教皇グレゴリウス9世(在位:1227年 – 1241年)によって建築が始まり、1253年に一応の完成をみたと言われている。また建築に際してはフランチェスコの弟子であったエリアの働きかけが大きかったといわれている。その後、何度も改修が行われて現在の姿になった。
聖堂は、町の北西の斜面の上に建ち、斜面を有効に利用するため建物は上下二段に分かれている。上堂部分はゴシック様式、下堂の部分はロマネスク様式と異なっている。聖堂にはチマブーエジョットマルティーニなどの画家の手になるフレスコが多数描かれ、上堂内部はルネサンス初期の画家ジョットによる『小鳥に説教する聖フランチェスコ』などの聖人フランチェスコの生涯、28の場面を描いたフレスコ画が、また下堂には『玉座の聖母と4人の天使と聖フランチェスコ』がそれぞれ一番の見所である。
1997年9月26日に発生したウンブリア・マルケ地震で聖堂の建物は大きく損傷してしまったが、ボランティアによる修復工事などにより、2000年にはほぼ元の形にもどった。
アッシジ大聖堂平面図(拡大図)

アッシジ大聖堂平面図及び断面図(左平面図が上部教会、右平面図が下部教会になります。)

アッシジ下部教会の平面図

      (wikipedia・アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群#サン・フランチェスコ聖堂より)]

[大聖堂の建設は聖フランシスコの死から 2 年後に始まりました。1228 年 3 月 29 日、シモーネ ディ プチャレッロは死刑囚が処刑されたコッレ デッリンフェルノの頂上を教皇グレゴリウス 9 世に寄贈しました。教皇はそれをブラザー・エリアス修道会(聖フランシスコの後継者)に引き継ぎ、「地獄の丘」はすぐに「天国の丘」(コッレ・デル・パラディーゾ)に改名されました。ここは、聖フランシスコ自身の希望に従って、偉大な修道院が建てられた場所です。
大聖堂は大聖堂と下大聖堂に分かれています。(ゴシック様式)大聖堂は、その名前が示すように、(ロマネスク様式)インフェリオーレ大聖堂の上に建てられています。ただし、モンテ・スバシオ産の同じ種類のピンク色の石が使用されました。
インフェリオーレ大聖堂は、巡礼者と聖人の遺物に捧げられた記念碑的な地下室で、上部は公式会議の開催に使用されました。ここには教皇専用の玉座もあります。
スペリオーレ大聖堂の建設は、1239 年に修道会の指導者としてエリヤ兄弟の後を継いだ多くのフランス修道士の影響下で行われました。
下部は左側の翼廊の階段で上部に接続されています。
エリアス兄弟自身が、1 つの身廊と広い翼廊を持つ「ロマニコ ロンバルド」様式で建てられたインフェリオーレ大聖堂の建設を監督しました。
教皇イノチェンツォ 4 世は1253 年に大聖堂を聖別しました。
バシリカ インフェリオーレには、聖フランシスコの遺物が展示されている部屋とテソロ博物館があります。  (「アッシジの聖フランシスコ大聖堂 住所、開館時間、入場料」より)]

アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群 – Google Map 画像リンク

サン・フランチェスコ大聖堂の鳥瞰カメラです。

サン・フランチェスコ大聖堂前インフェリオーレ広場のカメラです。
[この広場へは、サン フランチェスコ門からフラテ エリア通りを登って行くことができます。広場の正式名称は、アッシジ大聖堂広場です。1253 年に設計され、15 世紀に建てられた柱廊玄関で囲まれています。広場からは、ツイン ポータルが目印のサン バーナーディーノ礼拝堂と、インフェリオーレ大聖堂の両方にアクセスできます。インフェリオーレ広場からスペリオーレ広場までは二重階段でつながっています。  (「Piazza Inferiore Assisi」より)]

サン・フランチェスコ大聖堂下部教会(インフェリオーレ大聖堂)正面ゲート、上部教会(スペリオーレ大聖堂)へのアクセス階段前のカメラです。

サン・フランチェスコ大聖堂下部教会正面ゲート前のカメラで、右階段が上部教会へのアクセスになります。

正面ゲート先礼拝堂のカメラです。

下部教会拝廊からのカメラです。

下部教会身廊のカメラです。

スペリオーレ広場から見たアッシジ上部教会ファサード
[スペリオーレ広場の形はやや不規則で、ほとんどが草で覆われています。PAXという言葉の形に切られたこの芝生の生垣。2 つ目の大きな生け垣は、ギリシャ文字のタウの形に切り取られました。スペリオーレ広場は、インフェリオーレ大聖堂のインフェリオーレ広場と同様に、サン フランチェスコ高等大聖堂の墓地としても機能します。スペリオーレ広場(「上の広場」) とインフェリオーレ広場(「下の広場」)の間には、アッシジの古代中世の要塞があります。スペリオーレ広場がコッレ デル パラディーゾ(「楽園の丘」)という 2 番目の名前になる前は、死刑判決を受けた人々がここで処刑されたため、コッレ デル インフェルノと呼ばれていました。  (「Piazza Superiore Assisi」より)]

アッシジ上部教会ファサード

アッシジ上部教会内のカメラです。

アッシジ上部教会内陣のカメラです。

サン・フランチェスコ大聖堂下部教会アプス側から見た修道院の回廊