サン・ペドロ・デ・ヴィル・ア・コルチャ礼拝堂

マーカーはサン・ペドロ・デ・ヴィル・ア・コルチャ礼拝堂です。

サン・ペドロ・デ・ヴィル・ア・コルチャ礼拝堂
[狭い後陣があり、身廊と三部構成の袖廊を持つ礼拝堂。ポータルには完全なアーチがあり、その上にバラ窓があります。 その下の突き出たブロックは張り出し玄関を支えることができますが、南側のファサードにあるブロックには明確な機能がありません。内部のイオニア式柱頭の柱で区切られた身廊には、隣接する丘に広がる初期の墓地遺跡の一部である 2 つの発掘された墓が保存されています。礼拝堂の前の岩の上に、シンプルな鐘楼が立っています。13 世紀初頭に遡り、15 世紀に改修が行われました。老朽化が進んでいましたが、1979 年から 1983 年にかけて現在の形に再建されました。ポルトガル王ディニス 1 世(在位:1279年 – 1325年)により 1308年に認可されました。モンサントの城の隣にあるサン・ミゲル礼拝堂とともに、これらはポルトガルロマネスク様式の最後の証拠の 2 つを構成しています。  (「Capela de São Pedro de Vir-a-Corça」より)]

Capela de São Pedro de Vira-a-Corça – Google Map 画像リンク

サン・ペドロ・デ・ヴィル・ア・コルチャ礼拝堂正面ファサードのカメラです。

サン・ペドロ・デ・ヴィル・ア・コルチャ礼拝堂南側ファサードのカメラです。

サン・ペドロ・デ・ヴィル・ア・コルチャ礼拝堂北側ファサードのカメラで、右の岩上に鐘楼があります。