サン ・ビアージョ教会

マーカーはサン ・ビアージョ教会 です。

サン ・ビアージョ教会(Chiesa di San Biagio)
[サン・ビアージョ教会は、その記念碑性からサン・ビアージョ神殿とも呼ばれ、シエナ県モンテプルチャーノにあるカトリックの礼拝所であり、ピエンツァ-モンテプルチャーノ-キウージ教区(Diocesi di Montepulciano-Chiusi-Pienza)に属する同名の教区の本拠地です。
この建物は、カトリックの礼拝所に適用される中央集権化されたギリシャのクロス計画に関するルネッサンス研究の集大成であり、プラートのサンタ・マリア・デッレ・カルチェリ大聖堂(Basilica di Santa Maria delle Carceri)を直接のモデルとして、 一世代前に兄のジュリアーノ・ダ・サンガッロ(Giuliano da Sangallo)がデザインし、弟のアントニオ・ダ・サンガッロ・エルダー(Antonio da Sangallo il Vecchio)によって建てられました。
ルネサンス様式の建物は、サンタ・マリアに捧げられた初期キリスト教起源の古い教区教会(1000年頃に 古い教区教会の平民権が譲渡され、古代教区教会の代わりに 1586 年から 1680 年にかけて聖母被昇天大聖堂として城壁内に建設された)の敷地に建てられました。16 世紀の初めには、教区教会のわずかな遺跡しか保存されていませんでした。 1つの壁には、1518年に奇跡的な出来事が起こった14世紀のシエナの作品である子供と聖フランシスコのフレスコ画がまだありました。この献身の反響は、ヴァルディキアーナ地域(Val di Chiana)をはるかに超えて広がりました。たとえば、1519 年には、テヴェレ川上流のサンセポルクロの自治体が、巡礼の費用に参加することを決定しました。これは、市の企業や人々が巡礼のために支援するものでした。マドンナ・ディ・サン・ビアージョへの巡礼で、非常に多くのコミュニティがすでに特使を送っています。
モンテプルチャーノの人々は新しい教会を建てることを決定し、アントニオ・ダ・サンガッロ・エルダーにその仕事を任せました。彼は中央計画で印象的な建物を設計し、野心的なプロジェクトは、トスカーナの町の出身であるアンジェロ・ポリツィアーノによって教育された教皇レオ 10 世(在位:1513年 – 1521年)によって支援されました。
教会の建設は 1545 年まで続き、設計者の死後、他の管理者によって工事が監督されました。
メインファサードはいくつかの装飾的なバリエーションで構成スキームが繰り返され、袖廊の端壁を形成する他の 2 つの側面では、教会の周囲全体に沿って走るトリグリフ(Triglifo)と浮彫石板のフリーズを備えたマーク付きトラベエーション(Trabeazione)によって2つの区域に分割されています。下の方には、寺院の創建年が刻まれた門があり、中央に窓がある上のものでは、表面は5つの長方形のパネルで印象付けられています。2番目の区域には、中央に円形のオクルスがある大きな三角形のペディメントがあります。
さらに、トラバーチンで覆われた重みのあるボリュームは、ルネサンスの美学の真のカタログに命を吹き込む多数の装飾要素(柱、半円柱、ニッチペディメント、棚、オクルス)と同様に、ユーリズミックスキャン(scansioni euritmiche)によって表現されています。
メイン ファサードの左側にはそびえ立つ鐘楼があり、いくつかの区域があり、成形加工製の装飾要素でいっぱいで、ピラミッド型の尖点で終わります。 塔の独特の特徴は、3 つの帯に分かれていることです。それぞれの帯は、下からトスカーナ(Ordine tuscanico)、イオニアコリント式の異なる建築順序の半円柱と柱で装飾されています。このプロジェクトでは、メイン ファサードの両側に配置された 2 つの対称的な鐘楼の建設が想定されていました。これらのうち、北東のものだけが完成しました (1564 年)。 一方、北西塔の建設は地上部途中で止まった。
サン ・ビアージョ教会ファサードと鐘楼の図面

サン・ビアージョ教会は、1536 年から 1544 年の間に建設された直径 13 メートルのドームで覆われた、正方形の交差ヴォールトで交わる 4 つの対称的な長方形のアームを備えたギリシャ十字型の平面を持っています。後者は円形の断面を持ち、4 つのスパンドレル(Spandrel (biology))に支えられています。外側のドラム (ニッチと窓と交互に配置されたイオニア式柱によって活性化される) と内側のドラム (一連の高い丸いアーチによって形成される偽のロッジア) との間には大きなレベル差があり、後者はより低いレベルになります。屋根は二重の覆いで構成され、中央に狭い隙間があり、上部がランタンで終わり、窓も付いています。
教会の 4 本のアームのそれぞれは、部分的に格間を付けられた筒型ヴォールトで覆われ、後壁に通じる長方形の窓で照らされています。さらに、身廊と袖廊の側壁には丸いアーチ型のニッチがあり、その中には大理石の側祭壇があります。
後陣の後壁 (外側に見える半円形の後陣が聖具室を構成する) の近くには、1584 年にそれを建てたジャンノッツォ(Giannozzo)とリサンドロ・ディ・ピエトロ・アルベルティーニ(Lisandro di Pietro Albertini)の作品である、豊かな大理石の正面装飾が特徴の主祭壇があります。中央の 2 つのコリント式の円柱の間には、14 世紀のフレスコ画があり、奇跡的と考えられており、サン・ビアジオの聖母として知られる子と共に即位した聖母を描いています。 側面には 4 つの壁龕があり、それぞれにオッタヴィアーノ・ラッツェリ(Ottaviano Lazzeri)の大理石像が飾られています。 彫刻は 1617 年にさかのぼり、(左から) 洗礼者ヨハネ、シエナの聖カタリナ、聖アグネス、聖ジョージを描いています。
サン ビアージョ教会外観・wikipedia-photo、ファサードと鐘楼・wikipedia-photo、主祭壇に向かう内部・wikipedia-photo、ドームの内部・wikipedia-photo  (「https://it.wikipedia.org/wiki/Chiesa_di_San_Biagio_(Montepulciano)」より)]

Sanctuary of the Madonna di San Biagio – Google Map 画像リンク

サン ・ビアージョ教会 正面ファサードのカメラです。

サン ・ビアージョ教会 東側ファサードのカメラです。

サン ・ビアージョ教会 西側ファサードのカメラです。

サン ・ビアージョ教会ドーム下のカメラです。