シエーナのシナゴーグ

マーカーはシエナのシナゴーグです。

シエーナのシナゴーグ(イタリア語:Sinagoga di Siena )
[1786 年に新古典主義様式で建てられたシエーナシナゴーグは、トスカーナの街の歴史的中心部、ヴィコロ・デッレ・スコッテ( vicolo delle Scotte )に位置しています。類型はゲットーのシナゴーグの典型であり、外部に特徴的な兆候はありませんが、内部は豪華に装飾されています。
シエーナのシナゴーグは、建築家のジュゼッペ・デル・ロッソ( Giuseppe Del Rosso )によって 1786 年に設計されました。シエーナのゲットーの中心、かつて祈りの場があった場所です。このシナゴーグは、この地域のロココ新古典主義の間の建築の数少ない例の 1 つです。
ファサード(wikipedia-photo)は飾り気のないシンプルな造り。奴隷解放以前に建てられたゲットーのシナゴーグの典型であるように、外部からの崇拝の場所の存在を裏切るものは何もありません。反対側にはゲットーの噴水があり、元々はヤコポ・デッラ・クエルチャ作とされる水を指しているモーゼの像で飾られていました。この像は、1875 年にポーランドのユダヤ人が像の表現の禁止に違反していると訴えたため、撤去されましたが、まずオペラ・デル・ドゥオーモ美術館に移され、その後、コムーネ美術館(プッブリコ宮殿)に移されました。
対照的に、シナゴーグのエレガントなインテリアは豪華に装飾されています。長方形の部屋には、両側にベンチの列があり、中央には 1756 年に建てられた説教壇 (wikipedia-photo) があり、10 枝の燭台が 9 つあります。説教壇の後方にアロン・ハコデッシュ (Aron haQodeshwikipedia-photo)があり、上階には、女性のための祈りのために予約された場所である女性の回廊があります。この場合、それは木の格子で囲まれた一種のバルコニーです。
アロン・ハコデッシュの後ろの壁には、新古典主義の窓があり、豪華に装飾され、3 つのアーチと 2 つの丸窓が設置されています。天井には、白とモスグリーンのスタッコが法のテーブルを囲んでいます(wikipedia-photo)。
シナゴーグのドアの横には、2 つの記念プレートが取り付けられています。 最初のものは、1948 年 12 月 5 日に、ホロコースト中にナチス絶滅収容所で強制移送され殺害された 14 人のシエーナ系ユダヤ人を記念して、そこに置かれました(wikipedia-photo)。 2 つ目は、1799 年 6 月 28 日、ビバ マリア( Viva Maria )の支持者によるシエーナのゲットーの荒廃の際に、13 人のシエーナのユダヤ人が生きたまま焼かれたシエーナ犠牲者の 200 周年を記念して、1999 年 6 月 28 日にそこに置かれました(wikipedia-pghoto)。 他のプラークは内部に配置されます。
ウィキメディア コモンズには、シエーナのシナゴーグに関する画像やその他のファイルがあります。]

Siena synagogue – Google Map 画像リンク

シエーナのシナゴーグ前のカメラです。