ギルドハウスツーム

マーカーはギルドハウスツームです。

ギルドハウスツーム(Haus zum Rüden)
[フトハウスツムギルドハウスツーム(略して:ギルドハウスツーム)はリマト川岸にある、Gesellschaft zur Constaffel 又は貴族のギルドで、チューリッヒの14の伝統的なギルドの一つです。建物はスイス、チューリッヒのアルトシュタット(旧市街)における歴史的に注目すべき建物の一つです。最初の建物はリマト川の右岸にあるささやかな木材の構造だった。市の元支配者、聖母教会修道院の女子修道院長は、貨幣鋳造所としてそれを使用していました。1348年、市議会の決議によって、市役所として使用するため地上階は石造りのオープンポーチホールで再建された。建物の上階はConstaffelによる貴族や裕福な商人のが利用する社交クラブとして使用され、そこでは時折200人のメンバーによるチューリッヒのカントン評議会が開催された。建物は1401年にConstaffelに売却された。
“ツムギルドハウスツーム”の名称は貴族の狩猟権の象徴としてConstaffelの紋章に採択されたオオカミ犬から派生しています。
名称は1358年に行われた最初の聖母教会の国勢調査に記載されている。
1401年からは、建物は”Trinkstube der Herren zum Rüden”として知られていました。
1576年のMurerplan(チューリッヒの街を表した地図)に、建物は、リマト川の右側岸上で見ることができる。
地上階の約1メートル厚さがある石壁上の両側に、突出するティンバーフレーミング(木骨造)が追加された現在の形は、17世紀後半にさかのぼる。
1868年、ギルドホールは、チューリッヒ市の”Adelige Gesellschaft”(貴族社会)に売却された。そして1937年には現在の “Gesellschaft zur Constaffel”によって再び買収された。
市政府の要請に応じて、歩行者通路は、周囲の建物の外観との調和のためアーチの下に建設された。
2010年4月のギルドハウスツーム・wikipedia-photo、リマト川を渡って対岸からギルドハウスツームとグロスミュンスターを見る・wikipedia-photo、Murerplanのカット・wikipedia-photo、ギルドハウスツームのシンボルであるオオカミ犬・wikipedia-photo、シティホールから見たギルドハウスツーム(1898年)・wikipedia-photo、南東から見た建物(2010年)・wikipedia-photo、市庁舎とギルドハウスツーム・wikipedia-photo]

Haus zum Rüden – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がギルドハウスツームです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*