噴水塔とブルンネンタワーの噴水

マーカーはNapfplatzです。

噴水塔(Brunnenturm)
[Brunnenturm(ブルンネンタワー・噴水塔)は、スイスチューリッヒのタウンホール(1区)街にある中世後期のレジデンシャルタワー(恒久住居として使用するように設定されている塔)です。Brunnenturm(噴水塔)と隣接する宮殿は旧市街に1250年に建てられ、13世紀からチューリッヒのAdelsturm(貴族塔)として知られていた。その後、所有者の変遷により、改造が繰り返され現在に至る。Brunnenturm(噴水塔)は、住所Obere Zäune 26, 8001にあり、Napfplatzesのレストラン”Turm(塔)”の前にある。
1429年にはゲッツ・エッシャー(Götz Escher)が建物を購入し、エッシャー家が1810年までは、所持していた。1429年から1550年まで、建物は、エッシャータワーと呼ばれていた、その後前庭に噴水が作られた。
その後、建物は19世紀にはチューリッヒの作家、ゴットフリート・ケラーも通ったに貧しい人々のための学校として使用されています。また、1971年からは保育と親の教育センターとして使用され、チューリッヒ市役所の学校やスポーツ部門も収容している。
「南方向から見たBrunnenturm・タワーの右側が宮殿とアッパー・フェンス(Obere Zäune)です。」・wikipedia-photo、「噴水塔(中央)と、隣接する地域、1576年のMurerplanの切り抜き」・wikipedia-photo、「噴水塔と宮殿、アッパーフェンスからの眺め」・wikipedia-photo、「レジデンシャルタワー南側の詳細ビュー」・wikipedia-photo、北西からの眺め・wikipedia-photo、タワーの屋根・wikipedia-photo、ポータル・wikipedia-photo、「ウォールの詳細、腕と石工」・wikipedia-photo、「オオヤマネコとエッシャーの紋章·フォン·ミース」・wikipedia-photo]

ブルンネンタワーの噴水
[1567年~1568年にBrunnenturm(ブルンネンタワー・泉の塔)前に建てられ、300年ほど其の場所に置かれていましたが、1876年に、噴水の古いプールの大理石を取り外し傷柱の像と一緒に広場の西側の場所に移設しました。現在のコラムの彫刻はArnold HünerwadelとJohann Riegendingerにより、1911年~1937年に製作された。古い噴水は、1910年以来、スイス国立博物館で見ることができます。
後ろ地表面からのNapfbrunnen・wikipedia-photo]

カメラ初期設定方向がNapfplatzで、Napfplatzの前方の建物が噴水塔です。

カメラ初期設定方向が噴水塔です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*