アルカンタラ橋

マーカーはアルカンタラ橋です。

アルカンタラ橋
[ローマ時代に起源を持つこの橋は、損傷が激しかったため、10世紀に再建されましたが、3つあるアーチのうち旧市街寄りのアーチは馬蹄形アーチの通路に縮小されました。
アルフォンソ10世(在位:1252年 – 1284年)の治世に形が崩れ、再び修復されました。この時期は西塔が増築され、カトリック両王(フェルナンド5世イサベル1世・在位:1474年 – 1504年)の時代には、戦闘に備えて武器が壁を飾りました。グラナダの果実(ザクロ)の彫刻が欠けているのは、国土回復運動(718年から1492年)がこの時まだ完了していなかったためです。  (「アルカンタラ橋 – Toledo」より)]

アルカンタラ橋 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がアルカンタラ橋です。

アルカンタラ橋中央部のカメラです。

カメラ東方向がアルカンタラ橋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*