コメルシオ通り

    コメルシオ通り
    [トレドアルカサルの周辺、カテドラルの周辺もこのタイプのショッピングが楽しめるエリアで、特に、ソコドベール広場からカテドラルまで続くコメルシオ通りには、お土産屋さん、手作り工芸品の店の数々が、有名なショップ、カフェ、レストランの間に溶け込んでいます。  (「ショッピングについて – Toledo」より)]

    [コメルシオ通り(la calle de Comercio、“商店街”の意)と、14世紀からカテドラルの修道院に占められている敷地もまた、ユダヤ人街、あるいは「アルカナア」として知られていました。
    商売は、ユダヤ人の重要な活動の1つで、彼らは店やアトリエの上に住んでいました。「もしプラタ通り(la calle de la Plata、“銀通り”の意)にユダヤ人がいなかったら」という仮定はありえません、なぜなら、彼らは定評のある銀職人だったからで、プラタ通り以外の通りでも商いをしていました。  (「ユダヤ教徒のトレド – Toledo」より)]

    カメラ位置はソコドベール広場の接点で、カメラ南西方向がコメルシオ通りです。

    カメラ位置はコメルシオ通りの中央部付近です。

    カメラ位置はコメルシオ通りのXクロス交差点でカメラ南西方向・左小路奥にカテドラル北門の大時計がみえます。右小路を進むとカテドラル回廊方向です。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    *