サン・ルカス教会

マーカーはサン・ルカス教会です。

サン・ルカス教会(英語:Church of San Lucas, Toledo、スペイン語:Iglesia de San Lucas (Toledo))
[この教会は、教会の側面が、聖所にある礼拝堂と繋がっている3つの身廊を持つムデハル式で、17世紀にバロック式の大きな礼拝堂が付け足され、この2つの教会が1つになっています。モサラベ西ゴートの最初の教区だった教会です。煉瓦の柱は、イスラム時代(ウマイヤ朝後ウマイヤ朝)に作られたことを物語るカリファル様式のアーチを支えています。
中央の身廊の天井は、組子職人の技が光る「垂木と埋め木」技法で作られ、側廊は平天井です。塔は、異なる時代に修復され、最近も修復されたのですが、トレド風、ムデハル様式を保っています。
この建物には2つの入口があり、1つは寺院の基礎部分に、もう1つは北のファサードにあります。庭が塀の中にある教会はトレドではここだけです。聖エスペランサ像のバロック式の礼拝堂は、ペンデンティブの上の丸天井で蓋われています。
現在も、モサラベ共同体が所有しています。  (「サン・ルカス教会 – Toledo」より)]

glesia Mozarabe de San Lucas – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がサン・ルカス教会です。

(wikipedia-photo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*