ソラール・ドス・アボイン

マーカーはソラール・ドス・アボインです。

ソラール・ドス・アボイン(Solar dos Aboins)
[土木建築、マニエリスム
この建物は、貴族アボイムが国王を迎えるにふさわしい邸宅を持つために、18 世紀半ばに国王 D. ジョアン 5 世(在位:1706年 – 1750年)の命令により、既存の建築物の上に建てられました。 20世紀にはCTT設置のための改修工事が行われた。  (「Igreja da Misericórdia, Óbidos – Solar dos Aboins」より)]

カメラ北東方向がソラール・ドス・アボイン(Solar dos Aboins)です。