ウ・フレクー(U Fleku)

マーカーはウ・フレクー(U Fleku)です。

ウ・フレクー(U Fleku)
[プラハっ子が通う居酒屋のことをチェコ語で「ホスポダ」といいます。「ホスポダ」はビアホールでもありますが、ドイツのビアホールのように大きな規模のところは少なく、名店といわれる「ホスポダ」の多くはこぢんまりとしたところが多いです。ウ・フレクーはいつも楽しそうな音楽と、歓談する人たちの笑い声が聞こえてくる「ホスポダ」です。この店の自慢は、ホスポダ内で自家醸造する黒ビール。少し甘いが、コクがある特製のビールは、ここでしか飲むことができません。ビールを飲み終えると、注文しなくともすぐに新しいジョッキが置かれるのはチェコの流儀です。ウ・フレクーの料理は、とてもオーソドックスなチェコ料理ばかり。味もよく、なにを頼んでもよい思い出になると思います。少し値段が高めに設定されていることもあって、大きな店内には観光客が中心ですが、その分、楽しめるはず。楽隊がくると、お客さんの出身国に合わせて曲を奏でてくれます。  (「絶対行きたい、プラハのレストラン&ビアホール」より)]

[創業は1499年。日本なら織田信長すら登場していない戦国時代です。チェコ語の文字盤の時計が目印、プラハで最も古いビアホールです。当時から変わらない黒ビールが自慢です。店内はいくつかのホールに別れています。並ぶ長テーブル、客の間をたくさんのビールをお盆に載せて動き回るウエイター達。陽気で騒がしくて、昔ながらの居酒屋の雰囲気です。空いている席を見付けて適当に座れば、ウエイターがやってきて「はいよ、これだろ?」と目の前に黒ビールが置かれました。みんなコレ目当てにくるので注文する前に持ってきてくれます。グラスが空になれば、自動的に新しいグラスと交換してくれます。油断禁物。 ちゃんと断らないと、新しいグラスがきます。黒ビールは麦の香ばしさと甘みを感じますが、ねっとりとした感じはなく切れがあり心地よく喉を通り過ぎていきます。後に爽やかな香りが残りました。  (「ビアテイスターの ~世界ぐるっとビール旅~ ウフレクー」より)]

ウ・フレクー – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がウ・フレクー(U Fleku)です。

ウ・フレクー(U Fleku)内のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*