カフェ・ルーヴル(Café Louvre)

マーカーはカフェ・ルーヴル(Café Louvre)です。

カフェ・ルーヴル(Café Louvre)
[カフェ・ルーヴルはレストランやカフェ、バーなど、いくつもの部屋に分かれ、20世紀初頭の社交場の雰囲気をいまに伝えるカフェ。オープンは1902年のことで、プラハ生まれの作家フランツ・カフカや、プラハを訪問した物理学者アルベルト・アインシュタインが訪れたことでも知られています。カフェ・ルーヴルで注目されるのはアール・デコ調の内装です。なぜか大きなカメがいる水槽など、趣向を凝らしています。  (「アール・デコがおもしろいカフェ・ルーヴル」より)]

[1902年にオープンして以来、多くの著名人に愛されて支持されてきたカフェ。100年経った今でも、古めかしさは感じられず、逆にお洒落な文化が感じられます。チェコを代表するフランツ・カフカ(Franze Kafka)や、カレル・チャペック(Karel Čapek)はもちろんのこと、プラハに短期滞在していたアルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)も頻繁に通い、このカフェから新しい文化が生まれました。半1階部分には、ギャラリー・カフェがあり、モードの先端を感じさせられます。またカフェの奥には、ビリヤード・スペースも備えています。  (「ぐるなび海外版 チェコ プラハ – レストラン・飲食店検索 Caflouvre 」より)]

カフェ・ルーヴル – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がカフェ・ルーヴル(Café Louvre)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*