グランド・カフェ・オリエント(Grand Café Orient)

マーカーはグランド・カフェ・オリエント(Grand Café Orient)です。

グランド・カフェ・オリエント(Grand Café Orient)
[このユニオンカやパヴェル・ヤナーク(Pavel Janák)のCafé Hotel Julisなど、残念ながら現存していない憧れのカフェはあれど、ビロード革命後のカフェ・スラヴィア復活を始め、私がプラハに来てから改築を終え再オープンしたのをざっと数えるだけでも、フランツ・カフカらプラハのドイツ語(あるいはイディッシュ語)作家たちが集ったKavárna Arco、 モザイクで埋め尽くされた店内が圧巻のCafé Imperial、ランプからハンガーまでキュビズム三昧な、キュビズム博物館内のグランド・カフェ・オリエント(Grand Café Orient)などなど、第2のカフェ黄金時代となりそうな予感。  (「[飲食][プラハ・チェコの生活]プラハのカフェ黄金時代」より)]

[1910年から約5年間だけ流行したという前衛的な絵画様式、キュビズム。それを建築などの立体に応用したのはプラハ独自の流れだそうで、1910年代のカフェを再現した「グランドカフェ・オリエント」は、その建築様式の建物の2階にあります。  (「【プラハ】グランドカフェ・オリエント|潤の料理集」より)]

Grand Café Orient – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がグランド・カフェ・オリエント(Grand Café Orient)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*