シュテルヌベルク宮殿(国立美術館)

マーカーはシュテルヌベルク宮殿です。

[グーグル・アート・プロジェクトは、グーグル社のストリートビュー技術をそのまま美術館内部にまで持ち込み隅々まで撮影し、web上で公開しています。]

シュテルヌベルク宮殿(チェコ語:Šternberský palác (Hradčany)・国立美術館)
[フラッドチャニ区はプラハ城とお城の周辺を含む地域です。その区の中心はフラッドチャニ広場、そこでプラハ城のメイン入り口、大司教宮殿、シュワルツェンベルグ宮殿、トスカーンスキー宮殿などの有名な建物を見られます。プラハ城のメイン入り口は広場の西側にあります。正門のそばに北側でロココ建築で飾られている大司教宮殿があります。大司教宮殿の左側にシュテルヌベルク宮殿があり、その宮殿でチェコ国立ギャラリーは古代画家の収集を展示されています。  (「見所>フラッドチャニ区」より)]

[プラハ城の近くにあるギャラリーです。そのギャラリーでヨーロッパのアンティーク時代からバロック時代までの美術が見ることが出来ます。有名なイタリアオランダフランスドイツなどの画家の絵などの美術が展示されています。デューラーの「バラの祭」 (薔薇冠の祝祭とも呼ばれ)、レンブラントの「書斎のラビ」、ルーベンスグレコゴヤブリューゲル、などの有名な画家のものがここで展示されています。  (「見所>フラッドチャニ区>国立美術館シュテルンベルク宮殿」より)]

[プラハ国立美術館の展示館の一つで、バロック期までのヨーロッパ美術コレクションが中心。 (wikipedia・プラハ国立美術館より)]

プラハ国立美術館・シュテルンベルク宮殿 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が国立美術館シュテルンベルク宮殿(N.G. Šternberský palác)の入り口です。

国立美術館シュテルンベルク宮殿(N.G. Šternberský palác)中庭のカメラです。

ティントレット作『ヒエロニムス』(1550年頃)

レンブラント・ファン・レイン作『彼の研究における学者』(1634年)

フランス・ハルス作『ジャスパー・シェードの肖像(Jasper Schade van Westrum)』(1645年)

ハンス・マカート作『フローラ。帽子をかぶった少女の肖像』(1870年代)

Eduard Lebiedzki作『説教-詳細』(1880年代)

フィンセント・ファン・ゴッホ作『糸杉のある緑の麦畑』(1889年6月半ば)(wikipedia-photo)

(拡大画像リンク)

ピーテル・ブリューゲル長老作『干し草作り』(1565年)(wikipedia-photo)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*