ピンカス・シナゴーグ

マーカーはピンカス・シナゴーグです。

プラハ・ユダヤ博物館(チェコ語:Židovské muzeum v Praze)

[現在のプラハヨゼフォフ地区に残されているユダヤ人ゲットー時代の物としては、ユダヤ人市庁舎と6つのシナゴーグと旧ユダヤ人墓地がある。
6つのシナゴーグのうち、今日でもシナゴーグとして機能しているのは旧新シナゴーグのみである。それ以外のシナゴーグは博物館として公開されている(高等シナゴーグ(Vysoká synagoga) のみ見学不可)。旧ユダヤ人墓地は15世紀に創設されたものでピンカス・シナゴーグの出口の先に広がっている。現存する墓石は1万2000個に及ぶ。共産主義時代には、この地域は、観光客も少なく閑散としていた。特に、シナゴーグは、共産主義時代には、観光客には公開されていなかったが、民主化後、これらのシナゴーグの展示場や旧ユダヤ人墓地がまとめて「プラハ・ユダヤ人博物館」となっている。  (wikipedia・ヨゼフォフより)」

ピンカス・シナゴーグ(チェコ語:Pinkasova synagoga)
[この建物は1535年に個人の私的祈りの場として建てられ、建設者の孫でラビとなったピンカスに因んで ピンカス・シナゴーグと呼ばれるようになった。その後、1775年の改修工事で現在の建物になった。現在は、ホロスコープ博物館として利用されています。  (「伝説の街プラハ」より)]

ピンカス・シナゴーグ – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がピンカス・シナゴーグです。

ピンカス・シナゴーグ内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*