プラハ・マサリク駅

マーカーはプラハ・マサリク駅です。

プラハ・マサリク駅(Praha Masarykovo nádraží)
[プラハの中心街にある駅で、国内線の発着が多い。  (wikipedia・プラハより)]

[Praha Masarykovonádraží(プラハマサリク鉄道駅)は、共和国広場(Náměstí Republiky, náměstíRepubliky)近くのプラハのニュータウンエリアにあるターミナル駅です。
市内で蒸気機関車を利用した最初の駅であり、チェコ共和国のプラハで 2 番目に古い駅です( 1 つ目はプラハ・デヴィツェ、以前はラーニー馬が引く鉄道のブルスカ)。駅はアントニン・ユングリング(Anton Jüngling)によって設計され、 1845 年に供用開始しました。
1945 年のナチス・ドイツの占領に対するプラハの蜂起(Prague uprising)中に、プラハ・マサリク駅は 5 月 8 日に武装親衛隊に占領され、 53 人の降伏したレジスタンス戦闘機と非戦闘員が虐殺されました。
現在、大きなプラハ本駅には十分な収容能力がないため、その補完として、プラハ・マサリク駅は地方および郊外の列車を運行しています。 2010 年には、 48,838 本の列車と 960 万人の乗客にサービスを提供しました。駅は現在再建中ですが、ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港との計画された鉄道接続の終点になります。]

[共和国広場から歩いてすぐのこのこじんまりとした駅。現在は主に国内路線の発着に使われていますが、その昔、オーストリア=ハンガリー帝国(1867年 – 1918年)時代、ウィーンからプラハ、ドレスデンへと続く帝国でも最も重要な国際路線のひとつとしてプラハにできた最初の鉄道駅なのです。駅前のトラム停から5番や26番トラムで南東に向かって一駅いけばプラハ本駅、歩いても行ける距離にあります。プラハ本駅にももちろんありますが、駅にはインフォメーションというものがあります。マサリク駅のインフォはかわいい看板付き。でもいっつも電気が暗く、開いてるのか閉まってるのかわからない(笑)。だから外から見てやっていないようでも、ガラス越しに中を見て、PCの前に人がいるようだったら、やってるということ。  (「世界の車窓から ~プラハ・マサリク駅~ – rybičkaのプラハ・チェコ日」より)]

プラハ マサリコヴォ駅 クチコミガイド【フォートラベル】|Prague …

プラハマサリク駅 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がプラハ・マサリク駅です。

プラハ・マサリク駅構内のカメラです。

プラハ・マサリク駅プラットホーム頭端のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*