三匹の駝鳥(U tří pštrosů)

マーカーは三匹の駝鳥(U tří pštrosů)です。

三匹の駝鳥(U tří pštrosů)
[ダマスカスからやってきたアルメニア人ウィーンを経由してプラハへコーヒーを伝え、現在のカレル橋のたもと、“三匹の駝鳥(U tří pštrosů)”レストランがあるところに1714年、最初のカフェを開きました。  (「[飲食][プラハ・チェコの生活]プラハのカフェ黄金時代」より)]

[アルメニア出身の貿易商Gorgos Hatalahゴルゴス・ハタラは、カイロローマ、ウイーン等を経てプラハに辿り着き、クレメンティウムでキリスト教改宗しました。彼はアルメニアの民族衣装を着て街頭に立ち、コーヒーを屋台で販売していまいした。この商売が成功し、プラハ市民権を手に入れ、チェコ人女性と結婚し幸せな家庭を営んだそうです。そして1714年に「Dům U Zlatého hada 黄金蛇の家」と「Dům U Tří pštrosů 3羽のダチョウの家」にカフェを2件開きました。現在、「Dům U Zlatého hada 黄金蛇の家」はプラハ初の、「Dům U Tří pštrosů 3羽のダチョウの家」はマラー・ストラナ(小地区)初のカフェだと評されています。  (「伝説の街プラハ: 黄金蛇の家 Dům U Zlatého hada 」より)]

カメラ北北東方向が三匹の駝鳥(U tří pštrosů)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*