プラハ国立歌劇場

マーカーはプラハ国立歌劇場です。

プラハ国立歌劇場
[1883年、プラハドイツ系住民がドイツ語の上演を求めて結成したドイツ劇場組合(Deutsche Theaterverein)により、1888年、歴史主義建築様式の劇場、新ドイツ劇場(Neues Deutsches Theater)が創立された。初めの芸術監督ノイマン(Angelo Neumann)の後任にツェムリンスキーが、1925年から1929年の間には、ハンス=ヴィルヘルム・シュタインベルクが(後のウィリアム・スタインバーグ)、後任としてジョージ・セル(音楽監督も兼任)もこの職に就き、それぞれがこの劇場で活躍した。歴代の楽長及び音楽監督には、グスタフ・マーラーカール・ムックレオ・ブレッヒオットー・クレンペラージョージ・セルなど錚々たる顔ぶれが並ぶ。なお、建物としてではなく、当時の関係者の所属先として劇場を指す場合は、新が取れてドイツ劇場、プラハ・ドイツ劇場、または歌劇場と表記されるのが一般的である。1938年9月25日、組合が撤退、この建物はチェコスロバキア国の所有となる。しかし1939年3月15日のドイツ軍のチェコスロバキアの占領、翌16日のヒトラーの布告によりプラハは保護領(ベーメン・メーレン保護領)となった。ドイツ・オペラハウス(Deutsches Opernhaus)と名付けられ、ナチ党の催しや国(ライヒ)の団体が客演した。プラハ蜂起を記念した催しで演劇団体が上演-1945年5月5日『5月5日の劇場』。1947年から48年には劇場にオペラが戻る。1948年、『5月5日の大歌劇場』と名付けられ、この劇場は国民劇場_(プラハ)の傘下となる。1949年に『スメタナ劇場』と改名し、1992年に現在の『プラハ国立歌劇場』となった。
プラハ国立歌劇場の外観・wikipedia-photoオーディトリアムwikipedia-photo、天井の詳細・wikipedia-photo  (wikipedia・プラハ国立歌劇場より)]

プラハ国立歌劇場 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がプラハ国立歌劇場です。

プラハ国立歌劇場ホール上階観客席のカメラです。

プラハ国立歌劇場観客席上段フロアからのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*