旧市街橋搭

マーカーは旧市街橋搭です。

旧市街橋搭
[カレル橋プラハ最古の橋であり、もともと1342年の洪水で破壊されたユデイタ橋のあったところに建造された。“石の橋”または“プラハの橋”と呼ばれていたが、1870年からカレル橋という名が付いた橋は1357年にカール4世(モラヴィア辺境伯・在位:1334年 – 1349年、ボヘミア王カレル1世・在位:1346年 – 1378年、神聖ローマ皇帝・在位:1355年 – 1378年)により建造された。最近の調査によれば、橋の建設は建築家オットに任され、1402年にペトル・パルレーシュによって完成された。1683~1928年の間に橋の欄干には30体の聖者や歴史上の人物の彫像によって飾られた(彫刻家のブラウン、ブロコフなど)。その中で一番有名なのは聖ヤン・ネポムツキーの像になる。プラハ城側の塔-2つある塔の小さい方は12世紀のものであり、1591年にネオ・ルネッサンス様式に複製された。高い方の塔は後期ゴシック建築であり、様式としてはパルレーシュ製旧市街側の塔に引き継ぐ。旧市街側の塔-旧市街側のカレル橋への入り門。ゴシックヨーロッパの門で一番美しいもののひとつになる。  (「カレル橋と橋の塔」より)]

Old Town Bridge Tower – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が旧地区橋塔です。

旧市街橋搭上のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*