聖ミクラーシュ教会

マーカーは聖ミクラーシュ教会です。

聖ミクラーシュ教会(チェコ語:Kostel svatého Mikuláše (Malá Strana))
[聖ミクラーシュ教会は元々はカトリック修道院施設の一部として1273年にロマネスク建築の教会が建設され、14世紀半ばにゴシック建築に建替えられ、1649~1669年にルネッサンス建築に建替えられました。しかし、1689年に大火災に遭い建物は大打撃を受け、1732~1737年建築家ディーンツェンホーファーの設計による再建工事で現在の姿バロック建築となりましたが。しかし、直ぐに修道会は廃止され、プラハ市が教会建物を買い取り、穀物と家具の倉庫となります。1868年以後東方正教会に貸し出されます。第一次世界大戦後、カトリック教会に貸し出されますが、1920年フス派教会成立と共に、同派に貸し出され現在に至ります。  (「伝説の街プラハ」より)]

[プラハの小地区である聖ミクラーシュ教会はプラハの最も大きいと最も有名なバロック様式の建物です。バロック様式の真珠とも呼ばれてます。イエズス会の教会として1703-1756年の間に建てられたドームです。教会の長さは60メートルと幅は40メートルです。教会の両方の塔の高さは79メートルと細い塔の上に(215段の階段)上ることが可能です。教会の丸天井の1500平方メートルがあるフレスコ画はヨーロッパの最大の大きいフレスコ画といわれてます。モーツァルトはプラハで滞在した時にこの教会のパイプオルガンに引きました。モーツァルトが亡くなったあと彼のレクイエムがここで演奏されました。夜は教会でコンサートが行われます。  (「見所>小地区>聖ミコラーシュ教会」より)]

St. Nicholas Church – Google Map 画像リンク」、「St Nicholas Bell Tower – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が聖ミクラーシュ教会です。

聖ミクラーシュ教会身廊のカメラです。

聖ミクラーシュ教会祭壇前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*