チステルナ広場

マーカーはチステルナ広場です。

チステルナ広場(イタリア語:Piazza della Cisterna )
[チステルナ広場は、ドゥオーモ広場( Piazza del Duomo )とともに、サン・ジミニャーノの 2 つの最も重要な広場の 1 つです。
広場は、中世初期の村の 2 つの主要なルート (南北軸のフランチジェナ街道( Via Francigena )と東西軸のピサシエーナ街道) の交差点に位置していました。ドゥオーモ広場が宗教的および政治的中心地として両面性を持ち(参事会教会(サンタ・マリア・アスンタ教会)とポデスタ(市庁舎)の2つの宮殿の両方があります)、チステルナ広場は市場向けであり、パーティーや競技大会の舞台としても使用されました。ギベリン(= 皇帝派・教皇派と皇帝派)自治体の規定によると、現在の取り決めは 13 世紀にさかのぼります。
広場の名前は、1287 年に建造された貯水槽に由来し、八角形の台座の上に記念碑的なトラバーチン井戸が上にあり、1346 年にグッチオ・マラヴォルティ ( Guccio Malavolti )・ポデスタ( Podestà ・コムーネ(基礎自治体)の執政長官) の下に拡大され、中心からわずかに外れました。
広場は、わずかに自然な傾斜のある三角形をしており、開いた通路で近くのドゥオーモ広場につながっています。床はヘリンボーン模様のレンガ造りで、側面には貴族の家と中世の塔の並外れた景観があります。
サン・ジョヴァンニ門を抜けてサン・ジョヴァンニ通りを進むとアルコ・デイ・ベッチ( Arco dei Becci )があり、そこがチステルナ広場の入り口になります。アルコ・デイ・ベッチは中世初期の壁の最初のエリアの古代都市の門になります。ドアは、ベッチの塔(左・ Torre dei Becci ) とクニャネージの塔 (右・ Torre dei Cugnanesi ) の両塔に隣接しています。
右に進むと、貯水槽の近くに最も重要な建物があります。パラッツォ・ラッツィ( Palazzo Razzi )、カーサ・サルヴェストリーニ ( Casa Salvestrini ・以前は病院)、パラッツォ・トルトリ( Palazzo Tortoli )の隣にはかつて人民の隊長が所有していた切り捨てられた塔があります。
ディ・カステッロ通り( via di Castello )へのアクセスを過ぎると、北側には、カタニ( Cattani )の家々に隣接するパラッツォ・デイ・コルテシ( Torre del Diavolo )と示唆に富む悪魔の塔( Torre del Diavolo )が特徴的です。
西側には、アーディンゲッリのツインタワー( Torri degli Ardinghelli )やパラッツォ・ペラーリの塔( Torre di palazzo Pellari )など、さまざまな塔が飾られています。
グロッサの塔( Torre Grossa )から見た広場・wikipedia-photo

チステルナ広場・wikipedia-photowikipedia-photo
ウィキメディア コモンズには、チステルナ広場に関する画像やその他のファイルがあります。]

チステルナ広場 – Google Map 画像リンク

チステルナ広場の鳥瞰カメラです。

アルコ・デイ・ベッキ前のカメラです。

アルコ・デイ・ベッキ内チステルナ広場のカメラです。

貯水槽の井戸上のカメラです。

ディ・カステッロ通り接続部からのカメラです。