チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ橋

マーカーはチヴィタ・ディ・バーニョレッジョ橋です。

チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ橋
[チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ橋は村への唯一のアクセス道路で狭い橋は徒歩でのみ通行可能です。300メートルは容赦ない登りです。橋は 1923 年にすでに建設されていましたが、地滑りと地震の後、チヴィタへの唯一のアクセス道路も破壊されました。ドイツ軍の撤退により大規模な損傷を受けたため、1965 年に鉄筋コンクリートで新しい建物が建てられました。  (「Civita di Bagnoregio. Visita alla città che muore.」より)]

[チヴィタ ディ バーニョレージョは、重度の運動障害のある方も訪れることができる場所です。ヴァッレ・デイ・カランチにかかる長さ約300メートルの吊り橋に代表される建築的障壁を克服するために、市当局と地元の赤十字委員会は協力してチヴィタ向けの障害者輸送サービスを開発しました。
認定された明らかな重度運動障害のある人が利用でき、完全に無料で利用するには、333.5734724 に電話して予約する必要があります。  (「VISIT TO CIVITA ALSO FOR THOSE WITH MOTOR .」より)]

チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ橋西端から見たチヴィタ・ディ・バーニョレッジョです。

障害者輸送サービス運行中のカメラです。

チヴィタ・ディ・バーニョレッジョ橋の鳥瞰カメラです。