ノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサオン教会

マーカーはノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサオン教会です。

ノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサオン教会(Igreja de Nossa Senhora da Assunção (Elvas))
[ノッサ セニョーラ ダ アスンサン教会 (旧エルヴァス大聖堂) は、ポルトガルエルヴァス市の共和国広場(Praça da República (Elvas))にあります。
2014 年、旧エルヴァス大聖堂は国防省による新しいプロジェクトに統合されました。このプロジェクトはポルトガル観光局(Turismo em Portugal)の支援を受けて設立された「ツーリスモ・ミリタール(Turismo Militar)」と呼ばれるもので、ポルトガルの英雄に基づいたテーマルートの作成を通じてポルトガルの古代史跡を再活性化することを目的としています。
市の歴史的中心部の中心に位置するこの教会は、国境防衛都市エルヴァスとその要塞群の一部であり、ユネスコ世界遺産に登録されています。 1910 年以来、国定記念物(Classificação do património em Portugal)に指定されています。
現在の建物は、以前のゴシック様式の教会を置き換えるために 1517 年に建てられました。マヌエル様式のこのプロジェクトの作者はおそらくフランシスコ・デ・アルーダ(Francisco de Arruda)でしょう。礼拝のための開口部は 1537 年に開催されましたが、工事はまだ未完成でした。寺院の一般的な構造はマヌエル時代に遡り、リブ・ヴォールトで覆われた 3 つの身廊を持つ胸壁で囲まれた要塞教会です。塔の下の入り口の拝廊と側面の門もマヌエル様式です。メインのポータルはミゲル・デ・アルーダ(Miguel de Arruda)作で 1550 年に建造され、ルネサンスの特徴があります。
1570 年に教会はエルヴァス教区の本拠地となり、大聖堂になりました。17 世紀から 18 世紀にかけて、インテリアを豊かにする数多くの様式的変更が加えられました。特にロレンソ・デ・レンカストレ司教 (Lourenço de Lencastre・1759 ~ 1780 年) の時代に、大聖堂はホセ・フランシスコ・デ・アブレウ(José Francisco de Abreu)によって作られた内陣の祭壇など、エストレモスの大理石(Mármore de Estremoz)で作られたいくつかの祭壇を取得しました。また当時、イタリア人のパスコアル・カエターノ・オルドヴィーニ(Pascoal Caetano Oldovini)によるオルガンの金メッキ彫刻が施されました。17 世紀に建てられたカノン室も注目に値します。王政復古戦争の文脈と筋書きの中に組み込まれたエルヴァスの古い大聖堂は、軍事紛争に巻き込まれた数千人の兵士の無事帰還を祈る場所として使用されました。エルヴァス教区は 1881 年に消滅し、大聖堂の改造は中止されました。2000 年代には、大規模な修復介入の対象となりました。
教会のメインファサード・wikipedia-photo、エルヴァス旧大聖堂のマヌエル様式の側面ポータル・wikipedia-photo  (wikipedia・pt.Igreja de Nossa Senhora da Assunção (Elvas)より)]

ノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサオン教会(Igreja de Nossa Senhora da Assunção) – Google Map 画像リンク

ノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサオン教会正面ファサードのカメラです。

側面ポータル

ノッサ・セニョーラ・ダ・アスンサオン教会内陣前のカメラです。