ノーベル平和センター

マーカーはノーベル平和センターです。

ノーベル平和センター
[市庁舎前広場の西側に2005年6月にオープンした、世界平和への関心を高める目的の施設です。歴代のノーベル平和賞受賞者やアルフレッド・ノーベルについての資料が展示され、公演などができる多目的スペースやカフェなどもあります。  (「ノルウェーの観光地」より)]

[オスロ中央駅はかつて東駅Østbanestasjon (Oslo Ø)と称し、スウェーデン方面の国際列車や北、西、南東へ延びる国内線が発着するノルウェーで筆頭の駅だった。それに対して南西方面に向かう列車のターミナル駅として、西駅Vestbanestasjon (Oslo V) も存在した。いずれも行止りの頭端駅だったため、相互に往来できるように大規模な改良が施されたというわけだ。残念ながら、西駅は新ルートからはずれてしまい、1989年に廃駅となった。瀟洒な駅舎は残され、ノーベル平和賞の資料館(ノーベル・ピース・センターNobel Peace Center)などに転用されている。  (「ベルゲン鉄道を地図で追う I-オスロへのアプローチ: 地図と鉄道のブログ」より)]

[アーケル・ブリッゲ(Aker Brygge)は1982年に閉鎖された造船所跡地に1980年代後半から1990年代にかけて住宅や商業・オフィス施設などが立ち並んだ。ノルウェー最大の金融グループDnB NOR、漁業や建築などの持株会社Aker、金融会社ストアブランド(Storebrand)などがこの再開発地区に本部を構えている。オスロ・トンネルとオスロ中央駅開業により廃止となったオスロ西駅の跡地には国立芸術・建築・デザイン美術館(オスロ国立美術館、Nasjonalmuseet for kunst, arkitektur og design)が新築され、かつての駅舎にはノーベル平和センターが入る。  (wikipedia・フィヨルドシティより)]

ノーベル平和センター – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がノーベル平和センターです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*