国立建築博物館

マーカーが国立建築博物館です。

国立建築博物館
[建築部門において歴史的なテーマから現代建築に至るまで広汎な展示内容を持つ国立建築博物館ですが、その設計は、1800 年代と1900年代の代表的な二人の建築家の設計によるものです。まず最初にクリスチャンH. グロシュ設計の本館が1830年に完成し、それがスヴェレ・フェーンの設計により増改築され、建築や設計の展示場として2008年に開館しました。 建築部門の収蔵品はモダニズム建築が中心で、なかでも、第一次世界大戦第二次世界大戦の二つの世界大戦の中間期の作品が中核をなしています。 収蔵作品はスケッチ、写真、模型、通信文書等からなり、主にノルウェーの民間建築設計会社のアーカイブからのものです。  (「国立博物館—美術、建築、デザイン – Nasjonalmuseet」より)]

National Museum – Architecture – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が国立建築博物館です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*