バーリの聖ニコラス教会

マーカーはバーリの聖ニコラス教会です。

バーリの聖ニコラス教会
[クエンカ (スペイン) にあるサン ニコラス デ バーリ教会は 15 世紀に建てられたようですが、建築学的に言えば、その構造は今世紀の典型的なルネッサンス建築とは似ていません。当初の構造は、頭部に石造りの後陣(現在は教会に併設して建てられた家々の下に埋もれている後陣)を備えた長方形の平面で構成されており、ルネサンス建築というよりはロマネスク建築に近い構造であった。主要なファサードの南に向かう方向と同様に、これもロマネスク様式の教会の典型的なものです。
教会はモルタルでコーティングされた通常の石積みの壁に基づいて建てられており、その隅は切石積みで補強されています。
この物件には 3 つの非常にシンプルなファサードがあります。 サン ニコラス広場にある主要なものには、教会へのアクセス ドアがあり、取り付けられたピラスターで支えられた成形品付きの尖ったアーチで構成され、単純な柱頭が付いています。カバーのアーチには眼球がモールディングで囲まれています。 教会に取り付けられた塔は、長方形の平面図を持ち、2 つの本体で構成されています。下部の本体はモルタルで覆われ、切石で隅が補強された石積みを基礎として建てられ、上部の本体はすべて木材で作られています。切り石の石積みで、その上に石のコーニスと軒が置かれています。塔の屋根には4つの水が描かれたタイルが張られています。
教会には 1 つの身廊があり、3 つの本体に分かれています。各セクションを分離するのは柱で、その上にはエンタブラチュアがあり、その上に半円形のアーチが置かれています。寺院のヴォールトは筒型ヴォールトで、ルネットが付いています。
最初の部分は主祭壇で、イタリアに埋葬されているとされる聖人の像と、その両側にいくつかの赤い大理石のが見つかります。祭壇の右側にはドアがあり、そこを通って、美しく石で作られた、らせん状の階段に到達し、塔の鐘にアクセスできます。
月曜日に開館し、教会で午前と午後に 2 回のミサが行われます。
バーリの聖ニコラス教会・wikipedia-photo  (wikipedia・Iglesia_de_San_Nicolás_de_Bari_(Cuenca)より)]

Iglesia de San Nicolás – Google Map 画像リンク

バーリの聖ニコラス教会前のカメラです。