フォンティ門・中世の水源

マーカーはフォンティ門です。

フォンティ門(イタリア語:Porta delle Fonti )
[フォンティ門は、サン ジミニャーノの城壁( Mura di San Gimignano )の 2 番目の広いレイアウトに通じる門の 1 つです。
この名前は、街を出て、短いが非常に急な下り坂をたどると、街の中世の公共の水源に到達するという事実に由来しています。
1930 年の修復により、1501 年に門の内側に設置されていた礼拝堂が取り壊されましたが、古い時代の写真にはまだ残っています。その際、リッポ・メンミ( Lippo Memmi )のサークルから聖母子と聖ミカエルと洗礼者ヨハネのフレスコ画も切り離され、ドゥオモ広場( Piazza del Duomo (San Gimignano) )にある、ポデスタ新宮殿(市庁舎)( Palazzo Comunale (San Gimignano) )のコムーネのロッジア( Loggia del Comune )の内壁に置かれました。 絵画のレイアウトが急速に劣化した後、2010 年に復元され、現在は市立美術館の仮の場所にあります。
今日、門の外側には、レンガで作られたシエナ様式の低い丸いアーチがあります。 一方、内側のアーチは単純に丸いアーチになっています。 また、内側と外側の両方にアーチ上部の一連のハンチで支えられている、クラウニング( coronamento )も見られます。
フォンティ門外観・wikipedia-photo、ドア内部の様子・wikipedia-photo、移設したフレスコ画、現在は市立美術館にあります・wikipedia-photo、フォンティ門を背景にした水源・wikipedia-photo
ウィキメディア コモンズには、フォンティ門に関連する画像やその他のファイルがあります。]

中世の水源
[水源は、合計 10 のアーチを形成する石造りの丸天井で覆われた一連の水槽によって提供されます。そのうちの 6 つはロマネスク様式、1200 年代にさかのぼる丸いアーチ、ゴシック様式の 4 つは尖ったアーチで1300年代のものです。水源全体は、9 世紀にさかのぼる以前の建造物の上に建てられました。 水槽は今でも豊かな泉から水を供給されており、金魚の群れが生息しています。  (「Fonti medievali – Wikitinera.it」より)]

Fonti Medievali – Google Map 画像リンク

フォンティ門内のカメラです。

フォンティ門前のカメラです。

中世の水源内のカメラです。