オペラ=コミック座

マーカーはオペラ=コミック座です。

[Google アートプロジェクト] – 「オペラ=コミック座

オペラ=コミック座
[オペラ=コミック座(Theatre national de l’Opera-Comique)は、パリの劇団名または劇場名である。劇場は、パリ・オペラ座の東400m、11区ファヴァール通り5番地に建つ。2005年1月、国立となった。1762年2月3日、オペラ=コミック座はオテル・ド・ブルゴーニュ(Hôtel de Bourgogne)劇場にいたコメディ・イタリアン(旧Comédie-Italienne)と合併した。オテル・ド・ブルゴーニュは現在のポンピドゥー・センターの西北、500mにあった。そして1783年4月28日、現在地に劇場を建てて常打ち小屋とし、『サル・ファヴァール』と称した。建設時の呼称が『テアトル・イタリアン』であったことから、劇場の北の街路が『イタリアン大通り』と呼ばれた。1838年と1887年に2度焼失し、アルベール・カレ(Albert Carré)支配人の下、1898年に定員1750の現在の建物が、以前のおもかげを保って完成した。
「オペラ=コミック座が、1840年から1887年まで本拠とした、第2代サル・ファヴァール」・wikipedia-photo
(wikipedia・オペラ=コミック座より)]

オペラ=コミック座 – Google Map 画像リンク

カメラの北北西方向が、オペラ=コミック座です。

オペラ=コミック座エントランスのストリートビューです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*