ギョーザ・バー(GYOZA BAR)

マーカーはギョーザ・バー(GYOZA BAR)です。

ギョーザ・バー(GYOZA BAR)
「日本の餃子が、フランス・パリで驚異的な人気を誇っているという。なんと! 餃子専門店に多くのパリっ子たちが行列を作っているというのだ。ということで、実際にパリの餃子専門店『餃子バー』(GYOZA BAR)に行ってみたゾ。
20:00ごろ店舗を訪れるとすでに15人ほどの行列ができていた。行列に並んで待つこと約40分、ようやく店内に案内され、カウンター席に座る。確かにレストランや食堂というよりもバーのような形式である。注文はカウンターから直接スタッフに告げる。
餃子8個6ユーロ、餃子12個8ユーロ、ビール4ユーロ。なんとビールの銘柄がエビスだった。食べ物のメインは餃子だけである。このところ和食を食べていないので、非常に心が躍る。餃子12個にエビスビール、そしてご飯を注文した。ちなみにお通しでモヤシのおひたしが出る。ひとり単価、最低15ユーロである。  (「フランス・パリに行列ができる餃子レストランが登場 / 本当に美味しいのか食べに行ってみた」より)]

[場所は、オペラ座や証券取引所から少し歩いたところにある、ガラス屋根に覆われた「パサージュ・デ・パノラマ(Passage des Panoramas)」の中。カウンター12席の小さなお店なので、時間によっては行列必至。(混雑時には、地下にあるテーブル席も使用可だそうですが)
それでも、回転が結構はやいので、ここはフランス流に、おしゃべりしながら、おしゃべりしながら、まだしゃべるか!というくらい、とめどなくおしゃべりしながら待ちましょう。そして、自分たちの番がきて席につくと、まず、もやしのおひたしが出てきます。おいてあるメニューは、とってもシンプル。餃子8個、餃子12個、ごはん、もやしのおひたし(お通しの1皿目は無料)、の4種類のみ。ドリンクも、キリンビール・シャンパン・お茶など数種類(餃子とあうものだけ厳選してるのでしょうか?フランスには珍しくワインもありません)。でも、これでよいのです、餃子を食べに来てるのですから。
きました、餃子! 皮はパリパリ、中はジューシー。あんには、ゆす胡椒でも入っているのでしょうか? 爽やかなピリッとした感じが、口に広がります。タレは、お醤油に柑橘風味がして、とってもさっぱりしています。ちなみに、餃子の定番ラー油は、ここには置いてありません。小ぶりですが、食べごたえ十分。
餃子12個9ユーロと、ビール4ユーロで、しめて13ユーロ。ごはんまで食べて食事にしても、20ユーロ以内でお腹いっぱいです。  (「パリで 「GYOZA BAR (餃子バー)」 みゅうパリブログ|【みゅう …」より)]

待つのが嫌いなフランス人が行列を作るパリにおける餃子の名店 …

Gyoza Bar – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がギョーザ・バー(GYOZA BAR)があるパサージュ・デ・パノラマです。

パサージュ・デ・パノラマのストリートビューです。

カメラ南西方向通路右にギョーザ・バー(GYOZA BAR)があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*