サントゥスタシュ教会

マーカーはサントゥスタシュ教会です。

サントゥスタシュ教会(英語:Saint-Eustache, Paris、フランス語:Église Saint-Eustache de Paris)
[サントゥスタシュ教会の建設が1532年に始まり、1637年に完成した。しかし、フランス革命時に冒涜と略奪にあい、長い間物置として使用された。、革命後に復元され、現在に至る。教会にはルーベンスのいくつかの印象的な絵画がある。また中に設置されている8000本のパイプを持つオルガンは、かつてフランツ・リストが演奏しベルリオーズが自らの指揮で「テ・デウム (ベルリオーズ)」の発表を行った事でも有名で、毎年夏には、1886年にリストのクリストスの初演を記念して、オルガンコンサートが開催される。
サントゥスタシュ教会平面図

サントゥスタシュ教会・wikipedia-photo、南東からの眺め・wikipedia-photo、南東からの眺め・wikipedia-photo、ヘンリーミラーの彫刻を持つ南面ファサード、・wikipedia-photo、インテリア・wikipedia-photo、教会のオルガン・wikipedia-photo]

サントゥスタッシュ教会 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がサントゥスタシュ教会です。

カメラ西北西方向がサントゥ・スタシュ教会で、この付近でマーケットが開かれるようです。

サントゥ・スタシュ教会拝廊のストリートビューです。

サントゥ・スタシュ教会身廊のストリートビューで、左に時計、右側には、聖アグネスの勝利(The triumph of St. Agnes)を描いたピエール・ルポートル(Pierre Lepautre)による説教壇と木工品があります。

サントゥ・スタシュ教会クワイア前のカメラです。

右翼廊に掲載されていた館内図

サントゥスタシュ教会アプス – 聖母礼拝堂
[聖母礼拝堂は1640年に建てられ、1801年から1804年に復元されました。ピウス7世(在位:1800年-1823年)が、ナポレオンの戴冠式のためにパリに来た1804年12月22日に発足しました。
リブ付きのカル・ド・フォーの丸天井がある後陣礼拝堂の中央には、ジャン=バティスト・ピガール(Jean-Baptiste Pigalle)の聖母子の彫刻があり、画家のトマ・クチュールがテーマに関する3つの大きな絵画で強調しています。
左パネル:「スターセーラーの聖母」、中央パネル:「天使に愛された勝利の聖母」、右パネル:「苦しんでいる人を慰める聖母」。