シャトレ座

マーカーはシャトレ座です。

シャトレ座
[シャトレ座(Theatre du Chatelet)は、パリ1区、セーヌ川右岸に1862年から建つ劇場である。オペラ、オペレッタ、バレエ、演劇、クラシック・コンサート、映画上映などに使われてきた。座席数は2,500。
パリのほぼ中央、セーヌ川右岸、1区と4区の境に『シャトレ広場』がある。もとは9世紀末から堡塁(シャトレ:châtelet)があった。堡塁は19世紀初に壊され、ナポレオンのエジプト遠征記念の噴水ができた。1858年、甥のナポレオン3世の治下、広場は拡張され、噴水も高くなった。時のセーヌ県知事ジョルジュ・オスマンのパリ改造工事の一環であった。オスマンはさらに、広場の東西に2つの劇場を同時に建設した。東がリリック劇場(後のサラ・ベルナール座(Théâtre Sarah Bernhardt)、現在の市立劇場(Théâtre de la Ville))、西がシャトレ座である。1860年着工、1862年完工。4月19日の開場式にはウジェニー皇后が出席した。そのときの名は『帝室シャトレ劇場』(le Théâtre impérial du Châtelet)であった。1979年、市の要請で改築工事を行い、翌1980年にパリ音楽劇場(Théâtre Musical de Paris, TMP)と改名し、市の管理下に入った。1988年、1999年にも改装し、1999年からシャトレ座の名に戻った。(wikipedia・シャトレ座より)]

シャトレ座 – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がシャトレ座です。

カメラ西北西方向がシャトレ座です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*