パリ工芸博物館

マーカーはパリ工芸博物館です。

パリ工芸博物館

[Google アートプロジェクト] – 「パリ工芸博物館

[パリ工芸博物館(Musee des Arts et Metiers)とは、フランス国立工芸院(CNAM)付属の博物館。アンリ・グレゴワール (Henri Gregoire) の発案で1794年に国民公会 (Convention nationale) によって創設。国立工芸院 (CNAM) の科学の遺産、発明の保管場所として、サン=マルタン=デ=シャン教会(l’abbaye St-Martin-des-Champs)の小修道院の建物を使い博物館としたもの。器具、物質、建築、通信、エネルギー、機械、輸送の7つの分野にスペースを分けて展示している。常設展示は6000平方メートルのスペースが割かれ、展示点数は8万以上、設計図が1万5千。 毎年20万人が訪れ、うち児童生徒が4万人。
パリ工芸博物館・wikipedia-photoフーコーの振り子wikipedia-photo、最初の自動車 キュニョーの砲車wikipedia-photo、セルポレの三輪車(Léon Serpollet)・wikipedia-photo、セルポレのエンジン車(Léon Serpollet)・wikipedia-photo顕微鏡wikipedia-photoクレマン・アデールの最初の飛行機・wikipedia-photo、  (wikipedia・パリ工芸博物館より)]

パリ工芸博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がパリ工芸博物館です。(パリ工芸博物館のストリートビューです。)

パリ工芸博物館エントランスホールのストリートビューです。

フーコーの振り子

セルポレの三輪車

最初の自動車 キュニョーの砲車