パンテオン

マーカーはパンテオンです。

パンテオン(英語:Panthéon、フランス語:Panthéon (Paris))
[パンテオン (仏 Pantheon:Pantheon de Paris) はフランスパリ5区、聖ジュヌヴィエーヴの丘に位置し、幅110メートル、奥行き84メートルのギリシア十字の平面に大ドームとコリント式の円柱を持つ新古典主義建築の建築作品である。18世紀後半に、サント=ジュヌヴィエーヴ教会として建設され、後にフランスの偉人たちを祀る霊廟となった。パンテオンはギリシア語で、日本語では万神殿と訳される。
パリの守護聖人、聖ジュヌヴィエーヴに献堂するため、1755年に教会堂の建築設計競技が行われた、「パリの国王の建築物の監督官」であったジャック・ジェルメン・スフロに設計を委託された。1755年に建設が始まった。1778年、ドームを支える主ピアに亀裂が見つかり、強度不足を指摘されたことから、スフロの死(1780年)の後、外壁に開けられた開口部は塞がれてしまった。1792年竣工。しかしフランス革命期の国民議会によってフランスの偉人たちを祀る墓所として利用されることが決定された(1791年)。その後、ナポレオン及びナポレオン3世の時代以降、教会堂として使用された期間もあるが、1885年以降、三度偉人の墓所となり現在に至っている。フーコーの振り子の実験が行われた場所でもあり、現在も天井からつるされた振り子が1日の時を刻むよう展示されている。
パンテオン平面図

パンテオン・wikipedia-photo、パンテオンの内部・wikipedia-photo  (wikipedia・パンテオン_(パリ)より)]

パリ5区、初めてのパンテオン訪問|パリで夢を見ている|Paris …

パンテオン – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がパンテオンです。

パンテオンコリント式の円柱廊のカメラです。

パンテオン内のストリートビューです。

フランスパリのパンテオンのフーコーの振り子。1851年、初めて一般向けの公開実験が行われた場所である。1995年よりフーコーの振り子が再現されている。

国民公会フランソワ=レオン・シカール作、パンテオン (パリ)、1913年、台座にはLa Convention National(国民公会)その上には、VIVRE LIBRE OU MOURIR(自由に生きるか死ぬか)と刻まれています。

カメラ位置は地下墓地へ降りる階段の踊り場で、カメラ北方向赤い壷は第三共和政で首相を務めたレオン・ガンベッタの心臓が入った壷です。

地下墓地のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*